生態学の定義(生物とその環境)

生態学の定義(生物とその環境)

生態学は、生物とその環境との関係の研究であり、具体的には、他の人への影響を分析することを扱います。私たちが環境について話すとき、私たちは局所的な非生物的要因として定義される特定の物理的特性を考慮しています。これには、その環境に共存する気候、地質学、および生物が含まれます。エコロジーは、地球との関係から、環境への影響が少ない日常の小さな習慣まで、あらゆることに取り組む幅広い概念です。 ビオトープの概念は、地域内のすべての非生物的要因を考慮するために使用される傾向があります。環境内のビオトープと生物(動物、植物、原生生物、サル、菌類)を全体として評価する場合、生態系という用語が好まれます。したがって、たとえば、単純な水たまりは、非生物的(水、空気、底土)および生物的要因を伴う完全な生態系です。異なる相互依存する生態系の合計は、いわゆるバイオームを形成します。このモデルでは、熱帯のジャングルはさまざまな生態系が混同されている大きなバイオームです。最後に、惑星のすべてのバイオームの合計が生物圏を生み出します。 この意味で、語源的に、生態学は「家庭学習」を意味することに注意することは興味深いです、家を生物が発達する環境または生息地として理解する。実際、この言葉の語源は、「経済」と同じくらい異なる概念の語源に似ています。生態学の研究には、一方では数学や統計、他方では生物科学や地質学などの多目的
従属の定義

従属の定義

従属は関係依存と尊敬の誰かをクランプする、つまりはある制御対象、権限、ドメイン、または個人を課すため。 罰の脅威にさらされている上司の権威への服従 そうすれば、従属は常に象徴的または形式的な支配の状況を意味します。 一方、提出する人は通常、従順、従属、または従順と呼ばれます。 従属では、ヒエラルキーが尊重されるため、常に受け入れられますが、受け入れられない場合、たとえば仕事から解雇されるなどの悪影響を受ける可能性があることが知られているため、恐れからも受け入れられます。 自分の権威や強さを利用して他人を征服し、そのような状況はあらゆる観点から卑劣で非難されていると主張する個人がいます。 家族では、権威主義的なプロフィールを持つ多くの親が、何をすべきかを決定させることなく、実際に彼らのデザインや欲求に服従した子供たちの「上司」になることになります。 、他の問題の中でも、誰と頻繁に、いつ外出するかなど。 自発的な受け入れまたは強要の下で 一般に、前述の従属は自然な方法で達成されます。つまり、部下は確立された階層関係を認識して受け入れるため、コマンドに従いますが、最終的に受け入れを拒否した場合は、前述の階層では、従属を効果的に達成するために力を加えることができます。 「現時点でグループを指揮しているのはフアンです。したがって、誰もが彼の姿を従属させる必要があります。」
個別指導の定義

個別指導の定義

家庭教師という用語は、学校環境で使用されることが好ましく、教師である家庭教師によって促進される一連の行動を指します。家庭教師の姿は、家庭教師のダイナミクスを確立するものです。 メンタリングの基本的な考え方 学術活動の計画の中で、センターの責任者は、学生の個人的および家族的な現実を知るために、特定のタイプのセッション、個別指導を組織します。したがって、個別指導は厳密に学術的なトピックではなく、学生の学習プロセスに影響を与える可能性のあるすべてのものを対象としています。 教育学的観点から、個別指導は学問的側面を補完する要素です。この意味で、学齢期には学業目標を達成し、並行して学生のパーソナルトレーニングを促進する必要があることに留意する必要があります。 チュートリアルアクションの基本 家庭教師は、学童のグループの日常の現実を支配するべき共存のルールを確立します。これを可能にするために、教育センターは以前に一般的な共存と懲戒制度のためのフレームワークを開発しました。 個別指導に専念する時間に、学生が学生としての習慣を改善するための共通の基準が確立されます。 すべての個別指導の基本的な側面は、生徒間で起こりうる対立する状況(いじめ、孤立の問題、またはその他の種類の問題)を防ぐことです。 チュートリアルでは、生徒のグループとの接触、および各生徒とその保護者との個別の行動を検討する
オントロジーとは

オントロジーとは

哲学は合理的な思考に基づく知識です。それは、形而上学、論理学、倫理学、認識論などの一連の分野によって形成された分野です。哲学の分野の1つは、まさにオントロジーです。 西洋の哲学の伝統では、オントロジーという用語は形而上学と同義語として使用されます。その定義に関して、オントロジーは現実の研究であり、したがって、オントロジーの反映は、アリストテレスが存在と呼んだ一般的な現実の概念の分析を扱います。それは、特定の具体的なもの(特定の存在)ではなく、一般的なものからのものです。存在のアイデア。 オントロジーのさまざまな平面 哲学的考察は時系列的に科学よりも前であり、この意味で一部の思想家は物事の最高のジャンルがあり、この最高のジャンルは存在の概念であると考えていたので、存在論的知識は自分のものの向こうにあるものを理解することに関係しています。 いくつかの哲学的な流れは、現実を超えたもの自体が先験的な概念、つまり人間の理解に存在し、経験に依存しないアイデア(たとえば、時間や空間のアイデア)を指すことを理解しています。 存在を一般的かつ究極の原則として理解する哲学的アプローチがあり、この原則は神の考えで識別されます。他の視点は、存在論を現実に存在するものの本質の理解として考えています。言い換えれば、存在するためには何かでなければならないので、物の存在を熟考する必要があり、これは存在論的分
アイテムの定義

アイテムの定義

ラテン語の副詞アイテムまたはアイテムは、両方の形式が受け入れられるため、元々、追加または同じ方法でも意味します。このラテン語は、この意味で、法律文書および非常に形式的で文化的な言語でのみ使用されます。一方、項目とは、特定のトピックまたは個別のトピックを意味し、スペイン語と英語の両方で学術分野で広く使用されています。複数形については、項目ではなく、項目を書く必要があります。 いくつかの項目を含む試験 アイテムは情報の単位であり、質問、セクション、または特定の側面にすることができます。スペイン語では一連のセクションで試験やテキストについて話すことができますが、アカデミックまたは教育環境でのアイテムという用語の使用は英語に由来し、その言語は非常に広く普及しており、スペイン語に組み込まれることになりました。 多くの試験では、教師はテキストを提示し、そこから一連の質問または項目を作成します。この意味で、閉じた応答を持つアイテム(たとえば、複数選択テスト)または開いた応答を持つアイテム(たとえば、応答を作成する必要があるアイテム)があります。いずれにせよ、学術分野でのアイテムコンセプトの使用は、情報を構造化および整理する方法であるため、その有用性によるものです。一般的で未解決の質問をするよりも、教師が一連の特定の項目で試験を修正する方がより効果的であることを忘れてはなりません。同時に、テスト
運用計画とは

運用計画とは

これは、組織またはエンティティの責任者が達成したい一連の目標を設定する公式文書です。言い換えれば、それはあなたが何を達成したいのか、そしてそれを達成するためのステップは何であるかを示す一般的な戦略です。通常、運用計画は年次ベースで実行されるため、頭字語POA、つまり年次運用計画が使用されます。 運用計画の目標は、組織がそれ自体を見つけ、視覚化し、投影することです。明らかに、これらのタイプの戦略は特定の目標を達成するように設計されています。つまり、何かをうまく実行するには、事前の計画が必要だと言えます。 運用計画に関する一般的な考慮事項 (民間企業、NGO、または公的機関の)運用計画では、一連のアイデアを検討する必要があります。 -運用計画文書は、戦略目標を達成するための正しい意思決定のための情報を生成します。 -運用計画を作成するプロセスは、3つの主要な質問にまとめることができます。エンティティの現在の状況はどうなっていますか。どこに行きたいですか。そして最後に、どのようにして目的を達成するのでしょうか。 -運用計画の成功は、いくつかの要因に依存します。一方では、文書が適切な方法で、可能な限り厳密に作成されていること。第二に、計画に関与する人々はプロジェクトに関与する必要があります(適切な関与のない最良の戦略はデッドペーパーになります)。第三に、計画は、あらゆるタイプの
天気の定義

天気の定義

大気時間の概念は、大気中で発生するさまざまな現象を指定するために使用されます。 時間について話すとき、1日から数日の範囲の期間中の現象の活動が参照されることに注意する必要があります。一方、30年以上など、より長い期間になると、気候の観点から話されます。気候学は最も長い時間で現象を研究することを扱い、気象学は短期的にはそれらを扱うものです。 時間の経過に伴う変化の動機となるのは、太陽エネルギーの違いです。一年の各季節に、気温、気圧、曇り、湿度、風、降雨量などのさまざまな地域の気象変数が測定され、これらのそれぞれがわかれば、それらの結果として他の変数を取得できます。 。など:蒸気圧と熱感覚。 この点に関しては、気象観測所、衛星、船の観測所、予測モデルを使用して計算を実行するコンピューターなど、多くの機器が使用されています。 次に、これらの条件に物理法則が適用され、12、24、48、72、または96時間の予測で時間が予測されます。 大気の変化によって引き起こされるほとんどすべてのエネルギーは太陽からの放射から来ますが、太陽の光線は大気中の空気を直接加熱するのではなく、間接的に加熱します。最初にリソスフィアと水圏を加熱し、両方が加熱されて熱をに伝達します。雰囲気。 太陽からの放射に加えて、大気を加熱することができる他の熱エネルギー源があることに言及することも重要です:火山の噴火、動
前提の定義

前提の定義

推論を形成し、結論を引き出すことを可能にする文 私たちの言語の前提は、真または偽として決定することができ、結論に到達するのに役立つ推論の一部として指定されています。 論理は、最も推論を構成するこれらの要素を研究した分野の1つです。初期の頃から、この基本的な要素は議論のプロセスの要請で研究されてきました。 敷地の使用に関する知識の開放性は、古代ギリシャと、この意味で、アリストテレスなど、この時代の最も有名な哲学者の1人によって行われた作品にまでさかのぼります。正確には、この思想家によって開発された論理は、三段論法をインストールします。三段論法は、問題の主語に関して述語の肯定または否定が現れる2次元の文(主語と述語)で構成される前提で構成される引数です。提示された前提から、前提に暗黙的に含まれる結論を推測することができます。 三段論法 論理学の分野では、三段論法の各命題は前提と呼ばれ、そこから適切な結論も推測されます。前提とは、ある状況や質問を肯定または否定することができ、真または偽の可能性がある言語表現です。 論理と哲学の両方にとって、前提は常に結論に先行する命題であり、その後、前提は常に結論の主人公になります。 引数は、次のような単一の前提で構成できます。複数のショットまたは複数の前提があった。通常の三段論法の場合は、で構成されている主要な前提、結論の主要な用語と述語
エディトリアルの定義

エディトリアルの定義

社説は多くのジャーナリズムのジャンルの1つですが、ニュースのジャンルと比較すると、主にその主観性が特徴です。たとえば、メディアや新聞の集合的な意見であり、イデオロギーに従っているためです。それについてのメディアの意見、説明、評価を要求する現実と関連性のジャーナリズムの事実に関するこの行。 このタイプの記事は、新聞の構造内で優先的な位置を占めており、前述の理由により、署名が付いていることはほとんどありません。その執筆は通常、現実を分析する能力を備えた優れた経験を持つジャーナリストを担当しており、専門用語では「編集者」として知られています。一般的に、この役職は、新聞であれ雑誌であれ、マネージャーまたは出版物のセクションの責任者が務めることができます。 社説は、意見欄とともに、正確に「意見」と呼ばれるジャンルの2つの形式であり、価値判断と作家の「視点」がテキストに反映されているため、主観性のマークが最も高いジャンルです。 、そしてそれはそのジャンルの本質です。社会的関連性のトピックでは、有益な(ニュース、年代記)、対話的な(インタビュー、レポート)、意見(コラム、社説)の両方のコンテンツがメディアで生成されるのが一般的です。特に3つのジャンルでの主題の完成した扱いは、イベントまたはイベントの重要性をマークすることに加えて、読者が情報、主題に関する目撃者または専門家の言葉(インタビューから
郊外の定義

郊外の定義

郊外という用語は、大都市の周辺にあり、特に企業やその他の施設ではなく家を持っていることを特徴とするエリアまたはスペースを指すために使用されます。 郊外という用語は間違いなく非常に複雑で、工業化された現代社会の特徴です。多くの場所で郊外と呼ばれるスペースは非常に快適で安全であり、家族の生活にほぼ完璧であり、ストレスや交通量が少ないため、複雑ですが、他のスペースでは、郊外は非常に密集した居住地であり、存在しない、不安、強盗、麻薬密売、そして大規模な惨めさがあります。 郊外の現象は、特定の社会の工業化といくつかの都市の巨大な成長によって生み出された変化に非常に特徴的です。 18世紀に起こった産業革命以前は、都市と地方の空間には明確な違いがあり、都市は成長し始め、通常は地方の空間を超えて進歩し始めました。都市の成長に伴い、以前ははるかに小さかった空間での人口の大幅な増加であったため、人口はより良い生活の質を見つけることがより困難になりました。このように、各都市周辺の郊外の出現は、より安全で静かな空間を求める多くの人々の探求と関係がありました。危険な郊外の場合、これらは最も恵まれない社会集団であり、都市に近づく以外に選択肢はありませんが、生活空間を都市の外に保ちます。 郊外は都市の住人と同じサービスを受けることができます。この意味で、家並みがすべて同じで、静かな通りと安全な空間がある典型
従来の定義

従来の定義

物、人、または状況を「慣習的」と言えば、慣習の概念が参照され、話していることはそのような場合に確立された慣習に従うため、異なるまたは代替と見なすことはできません。慣習の概念は、社会とその組織に関連する問題や状況に適用される場合、特に複雑です。なぜなら、慣習はそれによって意識的または無意識に確立される可能性があり、その尊重の有無によって、個人は社会的に確立された規範から外れるからです。 コンベンションのアイデアは、合意のアイデアと直接関係があります。これは、コンベンションが一人の人の意見や決定ではなく、同時に複数の人の間で行われる合意である可能性があるためです。社会的慣習は常に、それらがそれらの規則に従うかどうかに応じて、従来の状況、人または物に戻る、従うべき行動、態度、価値観および規範の形態を暗示しています。 通常、社会の従来の要素は、誰も異議を唱えず、暗黙的または明示的に常に存在することができる要素です。ただし、ある社会では慣習的であるもの(たとえば、特定の状況で特定の方法で服を着せる)は、別のコミュニティでは慣習的ではない場合があるため、共存が競合する場合があります。この種の紛争は、それを形成するさまざまな社会集団間、さまざまな年齢層間、男性と女性の間など、同じコミュニティ内にも存在する可能性があります。 最後に、社会的慣習と慣習は、社会が多かれ少なかれ組織化された方法で特定
決定論の定義

決定論の定義

決定論は、人間の運命はによって支配されていないとみなし、現在で自由が、以前の決定論的法則が生まれてから書かれているのと同じ運命に固有のものであることで。つまり、この観点から、人間は将来何が起こるかを知らなくても、自分の運命から逃れることはできません。 本質的に、自由は人と動物を区別する条件であるため、この視点は人間の非常に還元主義的なビジョンを提供します。誰もが無料で、決定を下し、その状況に最適なパスをさまざまなオプションから選択することができます。 哲学では、決定論は因果関係のルールに基づいています 決定論は、原因と結果の面で因果現実を説明し、現在の哲学です。つまり、現在のすべてのイベントは、思考の面でも後続のすべてのイベントを条件付けます。 決定論的思考では、現実を説明する方法としてのチャンスはありませんが、必要性、つまり不測の事態がないことです。 自由の欠如の感覚と戦う このように、決定論は、苦痛を伴う運命を生きることを非難されたときに個人が逃げることができない一種の非難のように見えます。間違いなく、すべての哲学的議論は各人の価値観と信念によって媒介されますが、個人の改善と完全な発達のエンジンとしての自由に基づく思考を強化することは、自由の欠如として理解される決定論と戦うための良い公式です。自由は、それゆえ、それはショー人間の心の偉大さという品質で、人間の品質です。
社会福祉の定義

社会福祉の定義

一般的に、幸福という言葉は、個人が経験する状態を示し、満足と幸福を特徴としています。 幸福の概念は、人が抱える快適で快適な経済状況を指すために使用されることも一般的であり、たとえば、問題なく滞在したり、旅行や購入をしたりすることができます。とりわけ商品。 さて、この意味で、主観性は幸福の認識と多くの関係があることを強調することが重要です。つまり、私たち全員が同じ好みや傾向を持っているわけではないため、誰かが他の人に幸福を報告する可能性があります同じことを意味するのではありません。 社会福祉とは、人の生活の質の決定に関与する一連の要因または要素を指し、最終的には、この人が剥奪されることなく、一定の時間状態で静かな存在を楽しみ、維持することを可能にするものでもあります。満足度。 これらの要因には、経済的、社会的、文化的側面が含まれ、ほとんど同じように影響します。幸福によって理解されることには、各個人が独自の経験を持って印刷するという重要な主観的負荷があることは事実ですが、ある人にとっては別の人にとって幸福であることがそうではないことは明らかであるため、それを決定するための客観的要因と、福祉の状況がある場合とない場合に私たちが話し、区別することを可能にするものはどれですか。 したがって、基本的に、社会福祉の概念には、対象、家族、コミュニティが質の高い生活を送るという目的を達成できる
伝道-定義、概念、そしてそれが何であるか

伝道-定義、概念、そしてそれが何であるか

福音という言葉はギリシャ語から来ており、文字通り良いメッセージを意味します。良いメッセージは、クリスチャンの観点から、キリストが私たちの罪のために死んで、三日目に再びよみがえられたという事実です。このように、キリストの死と復活は福音の基礎となっています。 新約聖書には、ジョン、マタイ、マーク、ルークの4つの公式または正規の福音書があり、それらはすべて、証言の中でキリストの生涯と説教を語るキリストの使徒です。福音書の説明はキリスト教の基礎であり、宗教的信仰は、カトリック、プロテスタント、正教会、伝道、そして福音書に基づく他の教義の流れなど、さまざまな教義に分けられます。 伝道の一般的な問題 歴史的な観点から、キリスト教の傾向としての伝道は、いくつかの公式の教義、特に聖人の崇拝と罪の責任を回避するための耽溺の使用に疑問を呈したカトリック教徒の間で、17世紀に南ヨーロッパで現れました。 伝道は、原始的なキリスト教を回復することを提唱し、カトリック信仰の教義、ならびにルター派とカルヴァン主義から逸脱しています。福音派の信者にとって、福音と祈りに含まれている神の言葉は彼らの信仰の軸です。 この教義の真の特徴は、神の言葉の説教、つまり伝道の過程です。 福音派教会へのアプローチ 一般的な意味で福音主義(福音派プロテスタントとも呼ばれます)について話すことは可能ですが、アナバプテスト、敬
真核細胞の定義

真核細胞の定義

真核細胞の名前は、それらを覆い、外部環境からそれらを保護する膜を有する生物のすべての細胞に適用されるものですが、特にそれらは定義された細胞核を持ち、保護によって細胞内で区切られているためです層または核膜。真核細胞は、核も存在する原核細胞などの他の種類の細胞とは異なりますが、膜やエンベロープで覆われていないため、細胞全体に分散しています。 真核細胞は、その組成によって小さな生物から世界で最も巨大な哺乳類や動物まで話すことができるため、地球上のほとんどの生物に存在しています。それらのすべてがこのタイプのセルを持っています。それどころか、原核細胞はバクテリアや古細菌として知られる生物にのみ存在し、非常に簡単に繁殖しますが、はるかに単純です。専門家にとって、数百万年前の原核細胞と真核細胞の区別は、生命がより複雑で進歩した理由の1つでした。 真核細胞内には、細胞質があります。細胞質は、核を含む細胞のさまざまな部分が存在する乳化した液体です。細胞質は、それなしでは細胞のさまざまな要素が生き残ることができなかったので、妊婦の胎盤のようなものです。原形質膜は、細胞質全体と細胞の他の要素を覆い、それらを保護し、外部環境から分離するものになります。細胞質には、細胞核が膜または核膜で覆われていることがわかります。これにより、細胞核が保護され、細胞の他の部分と区別されます。 核は細胞の最も重要な部分です
メイクの定義

メイクの定義

メイクアップという用語は、人の顔の特徴の装飾、着色、配置に使用されるすべての製品または要素を示すために使用されます。メイクアップは、特定の機能を果たし、特定の機能を強調、色付け、装飾、または非表示にするために顔の特定の部分に適用されるさまざまな要素で構成されています。メイクアップは今日、簡単にアクセスできる製品であり、多くの企業や施設で入手できます。しかし、以前は上流階級だけがアクセスできた贅沢品であったため、これが常に当てはまるとは限りませんでした。 化粧は新しいもののように思えるかもしれませんが、真実は、古代エジプトの時代から、男性は特定の顔の特徴を強調したり隠したりするために化粧を使用していたということです。したがって、エジプトのファラオは、彼らの力と存在をさらに強調するために、彼らの目の輪郭を描くのが通例でした。歴史を通じて、さまざまな社会集団がそのような目的で化粧品を使用していましたが、価格が手頃でなく、さらに、その使用が少数の特権として理解されていたため、これは通常高級品と見なされていました。 今日、この状況は変化し、誰もがさまざまな種類の化粧品をさまざまな価格で手に入れることができます。メイクは、アイシャドウ、ラッシュマスカラ、アイライナー、口紅、チークファンデーションとカラー、欠点を隠す製品、輝き、マニキュアなどのアイテムで構成されています。それらのほとんどは化合物
インターナショナルの定義

インターナショナルの定義

国際という用語は、2つの国、または2つ以上の国に属するパートナーで構成される特定のグループ間で発生する相互作用を指す場合に使用されることが好ましい形容詞です。 一方、この用語は、国外の概念を表すために広く使用されています。つまり、特定の国では発生しない、発生しない、または生成されないものに対応します。私が言っているこの具体的な例は、どの新聞にも見られます。世界の他の地域に属する、または世界の別の地域で作成されたニュースについて話すとき、定期的に、国際用語はそれが私たち自身の情報ではありません。それは現場で起こりました。 同様に、政治では、国際という用語も特別な意味を持っています。国際として、異なる国の個人で構成されているが、同じイデオロギーを持ち、共有しているグループまたは組織に一般的に指定されているためです。 国際労働者協会や社会主義インターナショナルは、これらのいくつかの例です。 そして最後に、スポーツの世界では、同じ用語が、彼が生まれた国を代表する一方で、さまざまな国が関与する競技会に参加するそのアスリートを指す場合に使用されます。
身体的準備とは

身体的準備とは

スポーツ練習の主な目的は、適切な身体的準備をすることです。身体的準備は、心血管の持久力、強さ、柔軟性、運動の調整など、身体に有益な一連の運動であると理解されています。これらの資質は、特に食物に関連する一連の健康的な習慣とともに、定期的な運動によって達成されます。 身体的準備の概念は、別のトレーニングと同等です。どちらの用語も、一般的に身体的品質の改善を指します。 良い身体的準備のための10の一般的なガイドライン 1•身体活動を監督するスポーツコーチの手に身を置くことをお勧めします。 2•運動は定期的かつ定期的に行う必要があります。 3•すべての筋肉群を運動させ、有酸素運動と無酸素運動をすべて適切なスポーツ方法で実施する必要があります。 4•それぞれの年齢に応じたスポーツルーチンを実行すると便利です。 5•中長期的な目標を設定することをお勧めします。 6•身体的準備を効果的に行うためには、一連の健康的な食習慣を取り入れ、アルコールやタバコ、および身体に悪影響を与える可能性のある物質の摂取を避ける必要があります。 7•各個人は、個人の状況や身体的特徴に最も適した種類のトレーニングを実践する必要があります。 8•健康が身体的準備の主な目的であることを考慮に入れる必要があります。この意味で、アスリートは定期的な身体活動を開始する前に健康診断を受けることをお勧めします。 9
スケープゴートの定義

スケープゴートの定義

言語の日常的な使用では、私たちは無限の好奇心をそそる表現を使用し、それらの真の意味と歴史的起源を知ることは有用です。 この場合、スケープゴートは自分がしていないことに対して責任を負う人です。このように、ある事実の犯人がいるが、正確には不明な状況がある場合、誰かが別の一般的な表現を使用して、「彼にアヒルに支払わせる」「フクロウ」などの表現を発明することにします。同じ意味で)。スケープゴートになる人は、通常、適切に行動していなくても、巧妙に行動の責任を負わせる誰かのトリックの犠牲者です。この戦略により、一部のイベントの真の犯人は、罰の可能性を免れることができます。 日常生活では、スケープゴートを探す必要があるとよく言われます。何かの罪を犯した人が「私はスケープゴートです」と言って、彼に対する陰謀があることを暗示する場合もあります。 歴史的起源 ユダヤ教の最も重要な祭典の1つは、罪の浄化を目的とした祭典である贖罪の日です。この文脈において、ユダヤ人は2頭の山羊を犠牲にしました。1頭はユダヤ人の贖罪の象徴として犠牲にされ、もう1頭も犠牲にされました。これは、それが人々の悪や過ちを負ったことを意味します。2番目の犠牲は「スケープゴート」と呼ばれ、この旧約聖書の表現が人気を博し、口語的な用法で想定されました。 ユダヤ教にとって、贖罪の日はヨム・キプルとして知られており、この祝賀の目的は、