技術の定義

技術という言葉は、通常、一連のルールまたはプロトコルで構成され、その最終的な使命が、科学、芸術、技術、一部のスポーツなどのさまざまな分野に関連付けることができるタスクまたはアクティビティで特定の結果を達成することである手順を示します、とりわけ。

ある状況または行動において前向きな目的を達成することを目的とした規則で構成された手順

この手法は、それが何であれ、適用されるコンテキストに関係なく、常に最小限のリソースまたは労力の介入で目的の達成を追求します。つまり、少ないリソースで目標を達成します。

もちろん、成功したと見なされるテクニックを計画することはできますが、最終的にはそうではない可能性があります。テクニックは実行時にテストされ、機能する場合は引き続き使用され、破棄されない場合もあります。

成功を収めるための手動および知的スキル

技術の展開を成功させるには、それを実行する人の側の知的および手動のスキルと、ツールまたは器具の取り扱いも必要になることに注意する必要があります。

次に、この手法では、予測された目的を達成するために使用されるモダリティと機器の両方を想定しています。

技術は、その主題が特定のケースに専念し、普遍的なケースに専念していないため、科学を意味しないことを明確にすることが重要です。つまり、特定の対立の解決または活動やタスクの実行に適用されます

男性は、媒体を変更したり、特定の特性を与えたりして、要求されたニーズにさらに適合させることを目的としてこの技術を開発しました

想像力と創造性は、個々の用途はそれが最良のスーツあなたの要求技術を開発することに力の2つです。

一方、他のペアへの伝達の可能性は、誰かによって作成された特定の技術が終了していないことを可能にしたものですが、まったく逆に、この可能性でそれは何世紀にもわたって継続され、新しい機能や改善を開始にもたらすことさえできますその結果の知識から。

ほとんどの場合、私たちが日常生活で行うすべての活動は技術に従います。

日常の活動の多くは自動的に行われ、その習慣をあまり考えずに行われているため、考慮していませんが、それを実行するための技術が存在し、それを開発することができます。

スポーツ、経済、日常生活における技術の応用

例を挙げれば、より明確に理解できます。学習するには、ほとんどの場合、学習手法に従い、最初にテキストを読みます。つまり、最も顕著な概念に下線を引き、最後に要約に変換して、知識が認知構造に統合されるようにします。 。

一方、スポーツ分野は、この技術を最も多く使用している分野の1つです。

各スポーツ、各スポーツ分野には、ポジティブな結果を追求する一連の手順があります。これは、正しく実行された場合、テクニックが失敗した場合、つまり指示に従わなかった場合に達成されると言わなければなりません。チームまたはアスリートの敗北または失敗。

たとえば、テニスでは、プレーヤーが一連の動きでボールを打つことが不可欠であり、特定の方法でボールをネットを通過させ、当直の相手に対してポジティブなポイントを達成できるようにする必要があります。

もちろん、プレーヤーの生来の才能が介入し、ゲームに勝つための決定要因になることがよくありますが、テクニックも練習すればするほど、サーブ、ドライブなど、問題の打撃がより良くなります。

そして、同じことがサッカー、バスケットボール、体操、水泳、その他のスポーツにも引き継がれます。

一方、経済は、生産を増やしてコストを削減する、つまり、できるだけ多くのリソースを投資することによって生産性を高めるための手法を利用するもう1つのコンテキストであり、当然のことながらビジネスになります。より収益性が高くなります。また、一方で、生産者は消費者にとってより便利な価格で商品やサービスを提供できるようになります。

言い換えれば、結論として、経済面で適用された技術が効果的である場合、売り手は利益を享受するだけでなく、受取人または買い手も享受することを保証することができます。

さて、技術を開発できるのは男性だけではありません。一部の動物はそれを実行でき、生存に非常に役立つツールを作成できます。