表示定義

コンピューティングにおける表示という用語は、ユーザーに役立つ特定のデータを表示するという考えに関連しています(英語では、表示とは表示すること、表示することを意味します)。画面とは、その情報が利用できる空間であり、スペイン語では要素の視覚的な部分であるため、「視聴者」として理解できる空間です。コンピュータデバイスには多くの種類のディスプレイがありますが、間違いなく、電卓、デジタル時計、ビジネスレジを備えたディスプレイなど、より有名で人気のあるものもあります。

ディスプレイデバイスは非常に多様であり、さまざまな目的を持つことができます。ある意味で、この概念は非常に広範で具体的ではない可能性があるため、その特性をもう少し定義し始めることが重要です。ディスプレイは常に、ユーザーにとって有用なデータが提示されるデバイスの視覚的および外部的な部分を参照します。このプレゼンテーションは視覚的(ほとんどの場合)ですが、問題のデバイスに応じて聴覚的および触覚的なディスプレイもあります。プリンター、プロジェクター、プロッターなどのアイテムは、ディスプレイデバイスを備えたデバイスの他の一般的な例です。

ディスプレイデバイスは、最初の瞬間はデザインと通信の可能性の点で非常に原始的でしたが、今日では、画面またはディスプレイデバイスに配置された情報を非常に洗練し、場合によっては3次元まで表示する大きな進歩があります。しかし、多くの場合、ディスプレイデバイスには、エネルギーへのアクセスに関係するエラーまたは障害があり、その結果、情報のヌル処理またはかすかな色での処理が発生します。デバイスの代わりにプログラムの可能性で表示について話すとき、一般に、色、サイズ、スタイル、および形状のオプションははるかに多様です。