責任の定義

責任という言葉は、私たちの日常会話で広く使用されていますが、いくつかの参照を提示するため、常に同じことを指すとは限りません。

最も頻繁な使用法の1つは、人が特定の状況の原因である場合に参照たいという要求で与えられます。それを引き起こす状況は常に悪い、否定的なものであり、したがってそれは不快で卑劣な行動として組み立てられていることに注意する価値があります。したがって、個人を殺害したり、その他の犯罪を犯したりした人は、犯罪や盗難などの責任があると見なされます。

一方、責任という言葉は、状況によって、自分の責任または責任の下にある可能性のある何かまたは別の人のために答えて行動する義務がある人を示すためにも使用されます。同様に、誰かが答えるというこの義務は、社会問題、特にグループを指揮し管理する責任がある人々に多く発生します。会社の部門長は、彼の地域の従業員の有効性に責任があります。

また、活動または仕事の管理が該当する個人が責任者として指定されます。このように、孤児になった子供たちが住む家の管理と方向性を誰かが管理するとき、彼らはその責任があると見なされます。自宅で寄付をするには、担当者に相談してください担当者が進め方を教えてくれます

私たちがこの言葉を使用する別の状況では、誰かが彼らの義務と彼らの満足のいく履行にコミットしており、彼らが行うすべてのことに細心の注意と細心の注意を示していることを認識したいときですローラは非常に責任があるので、誰も彼女の報告を疑うことはありません。あなたはこの研究に一切責任を負いません今年は3つ以上の科目を受講しました