カテゴリ: オーディオ

電子音楽の定義

電子音楽の定義

電子音楽は、シンセサイザーやサンプラーなどの特定の電子機器を介して生成され、これらのマシンが生成するサウンドやメロディーから、またはすでに作成されて完成した曲に完全に着想できるものとして知られています。このテクノロジーの適用によって変更されたアーティストは、オリジナルのサウンドと歌詞をベースに保持する新しい芸術的創造物を生み出します。 当然のことながら、ケースを除いて、その瞬間の技術は今日の技術とまったく比較できないことは明らかであり、このタイプの音楽を制作する人が作ることができるように変更することで、電子音楽には独自の特徴があります。前世紀の初め、より正確には1910年に、ノイズと電子オルゴールで音楽を作ったルイージ・ルッソロが率いるいわゆるイタリアの未来派の実験にルーツがあります。これらの最初のリソースは、歴史的な観点から、このスタイルの最初のバージョンと見なすことができます。いずれにせよ、1919年にロシアの物理学者Lev Sergeyevich Termenによって発明されたエーテルフォンは、最初の電子楽器、つまり歴史上最初のシンセサイザーと見なされています。 しかし、もちろん、これらは少数の先見の明のあるミュージシャンの簡単な実験と夢でした。彼らは第二次世界大戦中に、テープのさまざまな断片をカット、スプライシング、接着、巻き戻すという最初の技術の開発によって初めて現実のも
音符の定義

音符の定義

音符は、音と音楽の最も基本的で不可欠な要素として理解することができます。音符は、音楽のさまざまなメロディーとハーモニーが組み立てられる要素です。それぞれが特定の不可分な音を表し、他の音と一緒になって、より複雑で長続きする音を作成するからです。音符は抽象的な要素ですが、ミュージシャンが読んだり解釈したりできるように、譜表に象徴的に表されています。 音符は、基本的で分割できない物質の単位である原子と同等であると多くの人に考えられています。音符は、より複雑で耐久性のあるサウンドシステムを構成できるようにするものであるため、同じことが起こります。音符は原子のようにそれ自体では存在しませんが、人間が私たちを取り巻く世界に存在するさまざまな音を作るという解釈です。音符は7つあります:Do-Re-Mi-Fa-Sol-La-Si。これは音階と呼ばれ、音階のように譜表に表示されます。これらの音符の組み合わせに加えて、他の付随する要素の合計、またはそれらのそれぞれの間のバリエーションが、さまざまな種類の音楽を構成することを可能にします。 各音符にはさまざまな音色と音が存在するため、音楽は既知のように多様で複雑です。それにスピードやリズムなどの要素を加えると、まったく違う、演奏の仕方が違う、違う音楽のリズムが得られます。ノートの最も重要な特徴の1つは、得られる音が人間の耳に心地よく、調子が狂ったり、攻撃
DJの定義

DJの定義

この略語は、レコード演算子として翻訳できるディスクジョッキーという単語に対応しています。したがって、DJは、さまざまな音源の音楽をミキシングまたは再生することに専念している人です。 スペイン語ではDJと翻訳できますが、この用語は一般的には使用されておらず、DJはほとんど認識されていない専門家ではないDJであるため、使用すると蔑称的な意味合いがあります。 音楽用語では、DjプロデューサーとDJの間に違いがあります。1つ目はオリジナルの楽曲のベースとリズムを作り出すものであり、2つ目はすでに録音された音楽を再現するものであり、彼の活動は聴衆を楽しませることを目的としています。技術的な観点から、DJはグルーブ、リミックス、ブレイクビーツ、スクラッチなどのさまざまなリソースを使用します。 この現象は、技術の進化と新しい電子音楽のジャンルに直接関係しています。 最初のDJは、ラジオがエンターテインメント指向のマスメディアになった1920年代に登場しました。当時、ミュージカル番組の放送用レコードを選んだラジオ専門家であるDJという言葉が人気を博しました。 1940年頃、2つのターンテーブル、アンプ、マイク、およびいくつかのスピーカーで構成される最初のミキシングコンソールが英国に登場しました。1950年頃、米国では技術的な目新しさとして2つのターンテーブルが導入されました。 数年後、人
リッスンの定義

リッスンの定義

リスニングという用語は、聴覚を使用する必要がある聴覚の動作を指します。場合によっては、聞くという言葉は身体的な練習ではなく態度に関連している可能性があり、これが「聞く」という用語が身体的な反応として使用され、音の受信者が暗示されるときに「聞く」という用語が使用される理由ですまた、それらに特別な注意を払ってください。一方、何度も聞くことは、特定の音の流れに向けられた集中力と集中力に関連している可能性があります。 聞く能力について話すとき、それは聴覚の使用に明白な言及をしている。その最も基本的なモードでは、音を聞くという行為は、その振動の知覚を通じて実行されます。振動は、脳によって認識され、解釈されます。耳と聞く能力は、ほとんどの場合、不随意で自発的ですが、集中することで、通常は簡単に捉えられない音が聞こえる場合があります。 多くの状況で、聞く能力が損なわれる可能性があります。最も一般的なものの1つは、処理できない大量のノイズや音が耳に現れるため、私たちを大いに驚かせることです。同時に、私たちの聴力は水中で大幅に低下し、距離が多かれ少なかれ広い場合も同じ状況になります。 リスニングという用語は、社会的レベルにも適用できます。この意味で、私たちは、苦悩、懸念、または経験を伝える他の人の話を聞く個人の能力と感受性について話さなければなりません。他の人の空間を聞いて尊重する能力を持つことは
機器-定義、概念、およびそれが何であるか

機器-定義、概念、およびそれが何であるか

器具とは、ある種の活動、通常は手動の活動を実行するために使用される道具です。楽器という用語は、楽器を指すためにも使用されます。最後に、比喩的な意味で楽器について話すこともありますが、その場合、物質的なオブジェクトについては言及されていません。 手で扱う楽器 外科医は、自分の手術器具、つまり、手術を成功させるために使用されるツールまたは器具のセットを使用する必要があります。農民も鉄の道具を使い、兵士は彼の軍事活動のための道具を持っています。これらの例は、多くの人間の活動が手動で使用される特殊な材料を必要とすることを私たちに思い出させます。楽器は特定の種類のオブジェクトであると言えます。この意味で、医師が使用するレーザー装置は物体ですが、器具ではありません。農民が使用するトラクターも同様です。 楽器 音楽を作る方法は多種多様であり、音楽を分類して理解する方法の1つは、使用する楽器を使用することです。楽器は、音を生成するために使用されるメカニズムに従って分類されます。弦楽器(ピアノ、バイオリン、ギター、チェロ、コントラバス)、風楽器(サックス、クラリネット、フルート、アコーディオン、トランペット)、打楽器(ドラム、ドラム、キシロフォン、ザンボンバ)があります。一方、風の鍵盤楽器や弦楽器などがあります。楽器には単一の分類システムがないことに注意してください。 比喩的な意味での楽器
ゴスペルの定義(音楽)

ゴスペルの定義(音楽)

精神的または福音的音楽としても知られるゴスペル音楽は、宗教的な分野以外の分野でその起源を持つことはできませんでした。より正確には、18世紀のアフリカ系アメリカ人の教会で登場しましたが、最近人気が出たのは、国民の関心を呼び覚ます、1930年。 実際、元々それを指定した用語は神の呪文であり、それは神からの呼びかけを意味し、その歌詞は神を知り、キリスト教によって提案された価値観を反映するための招待にすぎなかったため、このように名前を付けることにしました。 私が言ったように、その起源はアフリカ系アメリカ人のコミュニティにありますが、白人コミュニティの大部分が何らかの形で名前を付けると、ほとんどが白人の南部の歌手であるため、音楽スタイルをこれだけに限定することはできません。それを解釈します。 確かに、人々の集合的無意識、黒人種とのゴスペル音楽の識別に存在するこの識別は、通常、メディアや映画館では黒人と排他的に関連付けられているという事実とも関係があります。 米国で白人と黒人の違いが克服できないとき、教会の間には分離があり、そこから福音が白と黒の2つの枝に分離されました。しかし、近年、この障壁を乗り越えてきた多くのアーティストが、一方のアーティストがもう一方のアーティストの曲を演奏するのが一般的です。さらに、多くのアーティストは、元の宗教的文脈を超越して、ナイトクラブで演奏することさえ決定
バラードの定義

バラードの定義

バラードという用語は、2つの形式の朗読された詩を指すことができます。今日最もよく知られているのは、ロマンチックな倍音を持つラテンアメリカのバラードとして認識されているものです。もう1つは、ヨーロッパの一部の北欧地域で歌われ、伝統的なラブストーリーに加えて、旅、冒険、魔法の物語を語った、最も古く、最も伝統的なバージョンのバラードです。 バラードの最も伝統的な形式は、主にイギリス、スコットランド、アイルランド、フランス、ドイツ、スカンジナビアなどのヨーロッパの北欧地域で中世に公に行われたそれらの引用された形式と関係があるものです。バラードは詩的な形式であり、それを暗唱した人の好みに応じて音楽を演奏できる場合とできない場合がありました。さらに、音楽は楽器によって演奏されたり、メロディックな形で詩を数えるときにリサイターによって生成されたりする可能性があります。バラードの形式は通常、4行の節または詩にまとめられました。これらのバラードは、フォークヒーローの本当のまたは魔法の物語、彼らの不幸、愛の物語を伝えるために使用され、サスペンスや恐怖の物語を伝えることさえできました。 今日、バラードという用語は、何よりも、最も人気のある曲が使用するものよりもわずかに遅いまたは穏やかなリズムを想定した音楽スタイルに関連しています。現在のバラードは主に愛や失恋の歌である傾向があり、常にメランコリックな色合
メロディーの定義

メロディーの定義

メロディーという言葉は、ギリシャ語で「歌う」を意味するメロイディアに由来します。私たちの言語では、メロディーという言葉は、目標の周りに特別な方法で統合またはグループ化された一連の音を示すために使用されます:人間の耳に心地よく、その中で何らかのタイプを生成する、より複雑で耐久性のある音を構築する反応の。メロディーは、ほんの数音と無限大の音符で構成することができます。その場合、メロディーを音楽作品の構成要素として理解する必要があります。 抽象要素としてのメロディーは、作曲家の意図に従って特定の方法で順序付けられた低音または高音のセットとして理解する必要があります。メロディーは日常生活のどのような状況でも見つけることができますが、一般に、さまざまな音(車、ホーン、その他の都市の騒音でいっぱいの街路など)の無秩序で無意味な組み合わせはメロディーとして理解されていません。それどころか、メロディーがそのように理解されるためには、それはメロディーが偶然ではなく何らかの方法で生成されたことを証明するものであるため、特定の組織と構造を示さなければなりません。 メロディーは、ピッチ(音楽のスタイルに関係なく)でも音を鳴らし、最終的な音をリスナーに心地よくさせるものであるため、音楽のどの作品でもおそらく最も重要なものです。さらに、メロディーは、一度緩い音が連続性を見つけることを可能にするものでもあり、し
ラジオ局-定義、概念、およびそれが何であるか

ラジオ局-定義、概念、およびそれが何であるか

ラジオ局は、さまざまな種類のコンテンツを含むラジオ番組を提供する通信手段です。さまざまな通信チャネルがあるのと同じように、特定の周波数を設定することでチューニングできるさまざまなラジオ局もあります。 現在、新聞、インターネット、映画、テレビなどの他の形式のコミュニケーションがありますが、ラジオは依然として音楽コンテンツ、ニュースセクション、エンターテインメントプログラムを提供する非常にライブなメディアです。多くの人にとって、ラジオは勤務時間中の会社の天国です。たとえば、夜間に運転するトラック運転手はラジオ番組を聞くのが一般的です。 スクールステーション 教育センターでラジオの使用を統合する学校のプロジェクトによって示されるように、ステーションは教育学的価値も持つ可能性があることを指摘しておく必要があります。この場合、この形式の学習は、生徒がラジオへの情熱を内側から発見するのに役立ちます。これは、学習と楽しみを組み合わせることの価値があるため、子供たちにとって良い放課後の活動になる可能性があります。 同じラジオ局の周波数は、リスナーがいる場所によって異なることに注意してください。毎日のコンテンツをプログラムするラジオ会社は、音声チャネルを介してのみ情報を伝達する広告コンテンツのおかげで、大部分が資金提供されています。 ラジオ局施設 ラジオ局には、働く技術チームがいます。自分の
ブルースの定義

ブルースの定義

それは他のジャンル、特に米国で奴隷制にさらされた黒人の福音と精神的な歌に由来する音楽ジャンルです。したがって、ブルースはアフリカに歴史的なルーツを持っています。この意味で、アメリカ南部の農園で働いていた黒人奴隷は、元気を取り戻し、不利な状況を克服するために歌っていました。 用語の特殊性を分析する この音楽スタイルにはいくつかの典型的な要素があります。そもそもブルースはソリストが歌い、ソリストは日常の歌を解釈し、スピリチュアルな歌は合唱団が解釈し、そのテーマは宗教的です。それはアカペラスタイルであり、高い声のトーンと素晴らしいリズミカルな自由を備えています。アカペラの歌に加えて、ブルースの音楽には、バンジョーとバイオリンの2つの楽器が伴うことがよくあります。 歴史的な観点から、このジャンルは、ブルースマンとして広く知られているアフリカ系アメリカ人の歌手が主演するエンターテインメントの世界で1920年代から米国で人気を博しました。 ブルースの曲にはさまざまなリズムがありますが、どれもメランコリックなトーンを表現しています。実際、英語ではブルースには2つの意味があります。それは色であると同時に、悲しみと失望感があるからです。 メインバージョン ブルースを構成するいくつかの音楽スタイルがあります:テキサススタイル、ピエモンテまたはジャグバンド。テキサスブルースはジャズとスウィング
チューニングの定義

チューニングの定義

チューニングという用語にはさまざまな意味があります。人間関係の分野、システム通信、音楽の分野です。 二人以上の人の間に良い関係があるとき、または彼らが何らかの偶然の一致を持っているとき、二人以上の人の間で調和の話があります。このように、上司と部下は、雇用関係が調和していて、理解が深ければ、同意しやすく、行動の仕方も両立しているので、調和が取れています。これが発生しない場合、非互換性について話すことができます。 メディアのチューナー 通信システムのコンテキストでは、チューナーがアクティブ化されたときのチューニングについて説明します。たとえば、アンプに接続するオーディオシステムの一部であるラジオ受信機。チューナーは、テレビチャンネルを視聴し、アナログシステムがDTTなどの別の信号に適応できるようにするために使用されます。このように、2つの異なるシステムは、それらの間に調和があるため、互換性があります。 音楽の観点からのチューニングは、ラジオやテレビ番組の見出しの一部であるサウンドピースです。これは非常に短い音楽で、通常は数秒の長さで、プログラムを発表することを目的としています。このようにして、視聴者または聴取者の注意を引くことが可能である。 コミュニケーション戦略としての調律 ラジオやテレビの通信の専門家は、番組の調整を非常に重要視しています。この音楽的要素は彼らのブランドの一
Radionovelaの定義

Radionovelaの定義

テレビは家族向けの娯楽という形でターニングポイントをマークしました。その瞬間まで、ラジオは家庭で卓越したコミュニケーション手段でした。テレビと同じように、情報スペース、エンターテインメントプログラム、音楽スペースに基づいたエンターテインメントオファーがあり、ラジオにもさまざまなステーションやさまざまなコンテンツがあります。ラジオメロドラマは、物語を語る方法として最初は非常に成功していました。 それはラジオで脚色された連載であり、さまざまなエピソードを通して語られた始まり、筋書き、そして終わりを示す物語です。この種の作品は20世紀初頭に放送され始めました。このタイプの物語は、そのキャラクターの冒険と不幸に感情的に関与した大衆の前に深く根ざしていました。 ラジオシリアル メロドラマは聴覚だけでなく視覚的な情報の価値もあります。ラジオでは、ニュースチャンネルが声です。声、音、沈黙、音楽を舞台にした小説。 ラジオメロドラマはさまざまなテーマを中心に展開することができますが、愛はこれらの物語の多くで共通のメモであり、情熱と感情の価値を高めました。この形式のエンターテインメントの魔法は、リスナーが想像力を駆使してプロットに記述されている場所に移動し、想像力の細部を視覚化することです。ラジオは、家にいる間に料理、家事、休憩などの簡単な作業をしている人々に夢、幻想、ファンタジー、物語を伝えるた
朗読の定義

朗読の定義

声とイントネーションを正しく使用するには、デクラメーションとも呼ばれる特定のボーカルテクニックが必要です。 名詞の朗読は、暗唱を意味する動詞の朗読に対応します。この意味で、宣言する行為は、演説の芸術であり、詩や演劇と密接な関係がある演説に関連しています。 朗読が上手に歌うために重要であるように、適切に話すこと、つまり効果的にコミュニケーションすることも必要です。 声のテクニック、朗読の基礎 人間の声は楽器であるため、音が心地よく、正しく理解されるように注意する必要があります。ボーカルテクニックのエクササイズは、アナウンサー、俳優、教師など、プロの方法で声を使用する人々、そして最終的には声が主要な役割を果たすすべての活動に特に役立ちます。 人間の声には複雑なプロセスが含まれます。実際、音を出すとき、横隔膜、腹部、声帯、呼吸の制御、気管、および舌の位置が一緒に作用します。この過程で不適切なことが繰り返し発生すると、失声症など、何らかの形で声が苦しむことになります。 朗読の一般的なガイドライン 声明を正しくするために、人間の声の専門家は一連の一般的なガイドラインをアドバイスします。 1)呼吸運動と音の放出に介入する部分の機械的制御を行います。 2)声の正しい調律を訓練します。 3)体の位置を改善して音を安定させ、 4)朗読を技術として、同時に芸術として理解する。
ボリュームの定義

ボリュームの定義

ボリュームという用語を使用すると、いくつかの異なる問題を指すことができます。 そもそも、体積とは、ある場所で物体が占める空間、つまり、物質が占める空間の量であり、物体の侵入不可能な状態のために、同時に別の物体が占めることはできないということです。 。しかし、体積はその物質の固有の特性であり、すべて特定の体積を持っているため、あるタイプの物質を別の物質から、ある物質を別の物質から区別することができます。 前の段落で述べたこととは何の関係もない限り、音量は人が聞く音についての主観的な知覚です。音の強さは、1秒間に表面を通過するエネルギーまたは音響パワーによって決まります。音のパワーが大きいほど、もちろんその音が受ける音量も大きくなります。 音量の知覚は常にデシベルで測定される対数目盛に従い、特定の各音の音響パワーレベルによって決定されます。 そして最後に、ボリュームという用語は、本のコレクションと読書の影響を受ける人々の文学分野または語彙において特に重要です。これは、この用語が、完全な作品を含むかどうかにかかわらず、製本された本の物質的な本体を示すためです。またはそれを構成するいくつかのボリューム。
発声の定義

発声の定義

発声という言葉は、発声する行為、つまり、人前で使用する前に人がしなければならない声を準備することを指すために使用されます。通常、歌手や人前で話すことに専念している人の場合です。発声は常に非常に重要であり、スキップしないでください。筋肉や体の他の部分で発生するのと同じように、休息や準備なしで声帯を集中的に使用すると、簡単に怪我をする可能性があります。あなたの声を失います。瞬間的または延長された方法。 たとえば、人が声帯を使って公の場で歌ったりスピーチをしたりすることに専門的に従事している場合、公の場で行為を行う前に発声に頼ることが重要です。発声には、声帯を温めること(たとえば、有酸素運動を行うときに他の筋肉を温めることができるのと同じ方法)が含まれ、声帯が集中的に使用されたり、怪我をしたり、人が言葉を失ったりするのを防ぎます(痛みの可能性に加えて) 。明らかに、その人が持っているニーズのタイプに応じて、発声の強さは多かれ少なかれあります。 通常、声帯が練習に入り、歌ったり話し始めたりするときに完全に冷たくならないように、基本的に母音、文字、または音節の繰り返しで構成される多くの発声練習があります。声帯のリラクゼーションとストレッチのエクササイズも重要です。また、休息と緊張の動き、マッサージ、液体による刺激を通じて、顔、首、胸のさまざまな筋肉をエクササイズに含めることも重要です。既存の
歌の定義

歌の定義

この曲は、音楽またはメロディーの両方と、歌手が発する歌詞や音を組み合わせた作品と見なされます。他の多くの楽曲とは異なり、おそらく最もしっかりと曲を定義しているのは、歌手が声を出して演奏するように設計されているという事実です。曲の多様性は、1人または複数の歌手、さまざまな音楽スタイル、さまざまな楽器、さまざまなリズムに適応できるようにするものです。 他の楽曲と同様に、曲は主にメロディーで構成されています。このメロディーには、対応する通訳が適切な方法で歌うように文字がデザインされた叙情的な部分を追加する必要があります。曲のメロディーと歌詞の間に確立されるダイナミクスも非常に柔軟です。なぜなら、多くの意味を持つ曲を開発することを特徴とする作者もいれば、そのシンプルさとアクセスしやすさで有名な作者もいるからです。 曲は、スタイル、楽器、作曲、長さの点で大きく異なります。この状況は、人気のある曲の誕生以来、各作者が以前に確立された厳格なパラメータに応答することなく、さまざまなタイプと期間の曲を作成できるため、激化しています。 この歌は今日、西洋文化の最も重要な要素の1つです。ミュージカルアートの一部として、この曲はロック、ポップ、ラップ、ヒップホップ、ブルース、ジャズなどのスタイルに対応できます。それぞれのスタイルは好みのタイプの曲を作りますが、その特徴に関する規則はなく、短くても長くても
フィルハーモニックオーケストラの定義

フィルハーモニックオーケストラの定義

その歴史的起源において、交響楽団は音楽ファンで構成された音楽協会であり、彼らはミュージシャンである必要はありませんでした。この感覚はすでに消えており、今日、交響楽団は交響楽団と同等です。 交響楽団は、西洋文化の最高レベルの音楽アンサンブルです。それは、楽器の異なるグループが同時に、つまり一斉に介入するように、楽器のセットで構成されています。この効果を達成するために、それを構成するミュージシャンは彼らの演奏技術と一致し、指揮者の信号に従います。95〜106人のパフォーマーで構成され、交響楽団の公演、叙情的な演劇、オペラ、バレエの公演に参加しています。 その歴史的起源 現代の交響楽団はヨーロッパ、特に17世紀と18世紀のフランスとイギリスに起源があります。この音楽モダリティは、裁判所のホールや宮殿で演奏された古い室内オーケストラから来ています。 オーケストラ編成 オーケストラは、弦楽器、ウッドブレス、メタルブレス、パーカッションの4つのファミリーまたはセクションで構成されています。楽器の分類は、使用されている素材、演奏形式、歴史的進化、ステージ上の位置に基づいて体系的に行われます。分類は、音が生成される方法と、音が再生および構築される方法に従います。 音に応じて、弦楽器(バイオリン、ビオラ、チェロなど、構造が似ていて、最小のものは鋭い音を生成し、最大のものはより多くの低音を生成
オーディオ-定義、概念、およびそれが何であるか

オーディオ-定義、概念、およびそれが何であるか

いくつかの技術システムまたはデバイスを介して音を送信するさまざまな方法は、オーディオとして知られています。言い換えれば、オーディオシステムは、サウンドを録音、保存、または再生できるシステムです。この意味で、ラジオ、MP3、レコードプレーヤー、フロッピーディスク、オーディオブックなど、あらゆる種類のデバイスやオーディオメディアがあります。 情報が聞こえると同時に目に見える場合、聴覚と視覚が情報処理に介入するため、視聴覚の概念が使用されます。いずれにせよ、オーディオシステムを参照するために、アナログまたはデジタルの信号を知覚することでそうすることができます。私たちは信号によって何かを知らせるのに役立つデータ、記号、または記号を理解し、このようにして信号は書かれた単語や従来の言語に取って代わります。 アナログ信号 アナログ信号は連続的なものです。つまり、特定のデータポイントのセットと、それらの間のすべての可能なポイントです。信号は通常、縦軸が信号の値またはパワーを表し、横軸が時間座標を表すように、2つの垂直軸に示されます。アナログ信号の例としては、マイクでキャプチャされ、スピーカー、20世紀後半までテレビ、アナログラジオ、音楽カセット、またはビデオテープを介してアナログ信号に変換された人間の声があります。 デジタル信号 デジタル信号は、コンテンツをエンコードする一種の電磁現象によっ
テンポの定義

テンポの定義

テンポという言葉は、作品や音楽が演奏される音楽の時間を指すために使用されるものです。テンポという言葉は時間の概念に正確に関連しており、その起源はおそらくイタリア語に由来します。イタリア語は、クラシック音楽の最初のオペラや作品が伝統的に演奏された言語です。テンポは各作品や音楽スタイルに固有の特徴であるため、音楽作品の種類に固有のテンポが多いと簡単に言えます。テンポは、音楽作品を作成する際に不可欠な要素の1つです。テンポは、それを構成する各音符をどの速度で実行する必要があるかを、それを解釈する人が知ることができるためです。 テンポの概念は、物や人が持つことができる時間を参照する比較的さまざまな現象に使用できますが、ほとんどの場合、音楽の分野で使用されます。 この意味で、テンポとは、音楽作品の美徳をより明確に表現するために音楽作品を実行しなければならない時間または速度です。作品が持つことができるテンポを示すために、これは作品の最初に設定され、1分あたりのビートまたは音の評価で行われます。この計算は、作品を解釈する人にとって作品が表す難易度にも影響を与えることに加えて、作品に完全に特定のプロファイルを持たせることができるさまざまなテンポをもたらす計算です(最速が最も困難であり、最も遅くて簡単)。 テンポは、登山、例えば、多くの異なるオプションを与えることができ、長い、遅い、遅い、中程度、
コーラスの定義

コーラスの定義

合唱団は、歌われ、調整された方法で音楽を演奏する声楽グループまたは人々のグループです。 指揮者や教師が率いる声の介入によって歌の仕事をまとめて行うことができる、しばしば専門的に訓練された個人のグループは、歌唱合唱団と呼ばれます。 合唱団は、モノディクな作品、1つの声、またはポリフォニック、つまり複数の同時声を解釈する機能を備えています。そのため、コーラスは、ストリングにグループ化されたさまざまなタイプのボイスで構成されています。女性の声の場合、最も高い声であり、作品の主なメロディーを導くことが多いソプラノ、女性にとってより頻繁で中間的な声であるメゾソプラノ、そして最も深い声であるアルトがあります女性。男性の声の場合、ファルセット、ソプラノのレジスター、カウンターテナー、アルトレジスターが到達できる最高の男性の声を模倣または類似している男性の声を見つけることができます。これは男性の間ではかなりまれです、テナー、男性の鋭い声とバリトン、男性の間で最も一般的な声。男性の声の中で最も低い低音と深みのある低音もカウントされます。 同時に、さまざまな基準に従って分類できる合唱の類型があります。楽器の基準となると、コーラスは「アカペラ」(楽器の伴奏なし)または協奏交響曲(伴奏付き)のいずれかになります。音色とテッシトゥーラの基準の場合、同じ声の合唱団(白、低音、2つ以上の声)と混合声の合唱
音階の定義

音階の定義

音楽には独自の言語があり、アルファベット記号の代わりに、全音階としても知られる音階の一部である音符を使用します。音符は音であり、各音符には名前があり、スタッフが使用する音階で音符を表します。これは、楽曲に関連するすべての音符と表記が書かれている、互いに平行な5本の水平線です。言い換えれば、異なる要素を持つ音楽は、特定の音楽レジスターである音部記号だけでなく、スタッフにも書き込まれます。 音階を構成する一連の自然な音符があり、それらはよく知られているdo、re、mi、fa、sol、la、si、doです。これらの音符は、2つの音の間に存在する音程または高さである音程があるため、音程またははしごで表示されます(使用する測定単位はピッチです)。したがって、音符CとDの間には音があり、Dから私までは別の音がありますが、私からFまでの距離は小さく、半音について話します。このように、全音階は5音と2半音で構成されています。 クロマチックスケール 全音階では、トーンと半音があるため、表示されるレベルは同じサイズではありません。ただし、すべての音楽レベルが音階で同じサイズである場合、半音階について話します。このスケールでは、自然な音符はそれらの間に配置された一連の音と半音を運びます。半音階には12の音があり、それぞれが半音離れています。 音階の知識は、曲のメロディーを作曲し、作曲して演奏し、同時
セレナーデの定義

セレナーデの定義

セレナーデは愛をメインテーマにした人気曲で、通常は風や弦楽器を使ってミュージシャンのグループが演奏します。 それは非常に人気のある音楽であり、屋外で、そしてお祭りで楽しい精神で歌われます。セレナーデは、音楽を通して恋に落ちる芸術として説明されています。その意味で、若い女性のベランダの前で歌う若者たちのイメージが典型的です。 主なテーマは愛ですが、キャラクターのパロディーや政治風刺など、この音楽表現の一部である他のコンテンツがあります セレナーデは、メキシコのマリアッチグループ、大学生のスペインのマグロ、またはアルゼンチンで起こったように通りの真ん中で開催される公開コンテストの形で見つけることができる音楽モダリティです。 その歴史的起源のビジョン セレナーデに関する研究は、これらの歌がスペインのロマン主義時代、ベッカー、ゾリラ、エスプロンセダなどの詩人がセレナーデを文学作品に取り入れた時代から際立っていることを強調しています。セレナーデは、表現手段としての音楽と愛情というロマン主義の2つの傾向を統合したものと言えます。この意味で、セレナーデは通りやお祭りの文脈で解釈されますが、それらのほとんどが著名な詩人によって書かれたため、その歌詞は人気のある伝統に属していません。 今日の世界のセレナーデ セレナーデは、生き方や価値観を表現する、単なる愛の主題歌ではありません。このよう
楽器学の定義

楽器学の定義

楽器はさまざまな方法でグループ化および分類されます。楽器の分類に関連するすべてを研究する分野は、楽器学、より大きなもの、音響学に統合されている音楽の分野です。 この分野の内容を観察する -音楽の音に関連する原理と基礎(波の種類と各楽器との関係、チューニングシステム、または部屋の音響動作)が研究されています。 -さまざまな楽器の品質が識別されます(振動のメカニズム、さまざまな周波数、または音の識別)。 -楽器の構成は、メロディーまたは音色の特性に従って分析されます。 -楽器の聴力を区別する方法を研究しています。 -楽器は、歴史的および文化的な文脈で分析されます。 -使用する素材と音質との関係について説明します。 -オーケストラの形成は、技術的および歴史的観点の両方から研究されています。 -異なる分類システムが比較されます。 -先史時代の遺物は楽器の前身として調査されています。 歴史を通しての楽器の分類 最初の厳密な分類は15世紀にヨーロッパで行われ、オーケストラアンサンブルを注文するために行われました。この意味で、楽器は、弦楽器、管楽器、打楽器、および最初の3つのカテゴリーに含まれなかったすべての楽器の4つのグループに分けられました。 19世紀に新しい分類が導入され、楽器は次のように分類されました:弦鳴楽器(弦の振動があります)、気鳴楽器(楽器は風に