音符の定義

音符は、音と音楽の最も基本的で不可欠な要素として理解することができます。音符は、音楽のさまざまなメロディーとハーモニーが組み立てられる要素です。それぞれが特定の不可分な音を表し、他の音と一緒になって、より複雑で長続きする音を作成するからです。音符は抽象的な要素ですが、ミュージシャンが読んだり解釈したりできるように、譜表に象徴的に表されています。

音符は、基本的で分割できない物質の単位である原子と同等であると多くの人に考えられています。音符は、より複雑で耐久性のあるサウンドシステムを構成できるようにするものであるため、同じことが起こります。音符は原子のようにそれ自体では存在しませんが、人間が私たちを取り巻く世界に存在するさまざまな音を作るという解釈です。音符は7つあります:Do-Re-Mi-Fa-Sol-La-Si。これは音階と呼ばれ、音階のように譜表に表示されます。これらの音符の組み合わせに加えて、他の付随する要素の合計、またはそれらのそれぞれの間のバリエーションが、さまざまな種類の音楽を構成することを可能にします。

各音符にはさまざまな音色と音が存在するため、音楽は既知のように多様で複雑です。それにスピードやリズムなどの要素を加えると、まったく違う、演奏の仕方が違う、違う音楽のリズムが得られます。ノートの最も重要な特徴の1つは、得られる音が人間の耳に心地よく、調子が狂ったり、攻撃的に聞こえたりしないように、常に調和のとれた方法で組み合わせる必要があることです。ノートが正しく結合されていません。