リスニングの定義

リスニングという用語は、聴覚を使用する必要がある聴覚の動作を指します。場合によっては、聞くという言葉は身体的な練習ではなく態度に関連している可能性があり、これが「聞く」という用語が身体的な反応として使用され、音の受信者が暗示されるときに「聞く」という用語が使用される理由ですまた、それらに特別な注意を払ってください。一方、何度も聞くことは、特定の音の流れに向けられた集中力と集中力に関連している可能性があります。

聞く能力について話すとき、それは聴覚の使用に明白な言及をしている。その最も基本的なモードでは、音を聞くという行為は、その振動の知覚を通じて実行されます。振動は、脳によって認識され、解釈されます。耳と聞く能力は、ほとんどの場合、不随意で自発的ですが、集中することで、通常は簡単に捉えられない音が聞こえる場合があります。

多くの状況で、聞く能力が損なわれる可能性があります。最も一般的なものの1つは、処理できない大量のノイズや音が耳に現れるため、私たちを大いに驚かせることです。同時に、私たちの聴力は水中で大幅に低下し、距離が多かれ少なかれ広い場合も同じ状況になります。

リスニングという用語は、社会的レベルにも適用できます。この意味で、私たちは、苦悩、懸念、または経験を伝える他の人の話を聞く個人の能力と感受性について話さなければなりません。他の人の空間を聞いて尊重する能力を持つことは、それを必要とする人へのサポートとして役立つために時間を割くことを意味するので、間違いなく個人が示すことができる最高の価値の1つです。