真核細胞の定義

真核細胞の名前は、それらを覆い、外部環境からそれらを保護する膜を有する生物のすべての細胞に適用されるものですが、特にそれらは定義された細胞核を持ち、保護によって細胞内で区切られているためです層または核膜。真核細胞は、核も存在する原核細胞などの他の種類の細胞とは異なりますが、膜やエンベロープで覆われていないため、細胞全体に分散しています。

真核細胞は、その組成によって小さな生物から世界で最も巨大な哺乳類や動物まで話すことができるため、地球上のほとんどの生物に存在しています。それらのすべてがこのタイプのセルを持っています。それどころか、原核細胞はバクテリアや古細菌として知られる生物にのみ存在し、非常に簡単に繁殖しますが、はるかに単純です。専門家にとって、数百万年前の原核細胞と真核細胞の区別は、生命がより複雑で進歩した理由の1つでした。

真核細胞内には、細胞質があります。細胞質は、核を含む細胞のさまざまな部分が存在する乳化した液体です。細胞質は、それなしでは細胞のさまざまな要素が生き残ることができなかったので、妊婦の胎盤のようなものです。原形質膜は、細胞質全体と細胞の他の要素を覆い、それらを保護し、外部環境から分離するものになります。細胞質には、細胞核が膜または核膜で覆われていることがわかります。これにより、細胞核が保護され、細胞の他の部分と区別されます。

核は細胞の最も重要な部分です。なぜなら、遺伝物質や情報がそこに収容されているからです。この情報は、生物のすべての細胞で同じように再現され、誕生の瞬間から死ぬまでそれを決定します。