哲学の教義の定義

哲学は、最も重要なヒューマニズムの分野の1つです。哲学の歴史は、知識の歴史に自分の考えを残した作家だけで構成されているのではありません。

哲学的思考はまた、哲学的教義、基本的な教えを反映する学校、および具体的な思考の教義の原則で構成されています。それぞれの哲学的教義には、特定の哲学的仮説があります。

哲学学校

すべての教義は、哲学的思考の基礎である特定の前提での思考をサポートしています。哲学の歴史には、さまざまな哲学の教義があります:プラトの理想主義、カントの超越論的観念主義、トマス・アクィナスによって継続されたアリストテレスのリアリズム、ルソーの啓発された思想、カルテシアンの合理主義、ヒュームの経験論、論理実証主義ウィットゲンシュタイン(それらは最も重要なもののいくつかです)。

人間の本質的な要素の1つである思考と現実を知る能力を通して歴史を通過するために時間を旅することが可能である哲学の教義。

歴史と思想家は学校に分かれています

哲学の歴史と特定の学校や教義の文脈で分類できるさまざまな哲学思想家は、人間の知識の歴史がどれほどエキサイティングであるかを示しています。

哲学の学校に関して、最も重要なことは、それを客観的に理解するために、常に自分から始めて著者の考えを分析することです。哲学の歴史を哲学者の意見の絶え間ない違いを示す歴史として見る人々がいます。

知識の歴史を知る

感情的で活力のあるレベルで最も知的なのは、著者が貢献するそれぞれの貴重な教えを評価することであるため、このビジョンは部分的です。明らかに、一人一人が特定の考えでより識別されていると感じることができるのは人間です。たとえば、大学で哲学の博士号を取得しようとしている研究者は、彼の研究著者として彼が本当に尊敬している哲学者を選ぶ傾向があります。

一方、特定の文化的および時間的文脈に統合された著者の思考を分析することも非常に重要です。なぜなら、思想家が住んでいる時間も彼の思考と現実の解釈方法に影響を与えるからです。

哲学の教義は、これらの学派の最も著名な思想家を統合しています。