折衷主義の定義

折衷的な形容詞は、非常に異なる要素や特徴を持っていることを特徴とする状況、現象、または性格を指すために使用される修飾形容詞です。これは問題や病状になることなく、多様で幅広い機能を組み合わせる方法として使用されます。いくつかの現象や非常に極端ないくつかのタイプの性格で起こることとは異なり、折衷的なものは常に、存在するさまざまな要素を最大限に活用して、新しいユニークな組み合わせにすることを意味します。折衷的なものは、考え方、着付け、人のスタイル、インテリアのデザインや装飾などで簡単に見えるようにすることができます。

折衷主義は、さまざまな特徴や特徴が提示されるプロセスであり、通常は組み合わされませんが、他の部分に新しい異なるスタイル、現象、または現実を与えることもできます。折衷主義の考え方は、スタイル、考え方、現実の折衷主義に直面する方法を維持している人は他の人のようになりたくないと考えられているため、ほとんどの場合、肯定的な意味で使用されますこの要素の組み合わせは一般的なものではありませんが、特別に選択された要素からの自分の人生。

ただし、場合によっては、通常は一緒に組み合わされないことについて話すときに、否定的な意味を持つこともあります。これは、政治思想やイデオロギーの分野で特に顕著です。なぜなら、それぞれの思考の流れの互いに矛盾する要素があり、人が折衷的であると言うことは、彼らの選択や表現が意味をなさないことを意味する可能性があるからです。理由もなく結合されました。同じことが個人的なスタイルでも起こり得ます。なぜなら、たとえば、服のスタイルの特定の要素を対照的なスタイルの要素と組み合わせるという主題に関するそれらの愛好家にとって、常によく見られるとは限らないからです。

折衷主義、ギリシャ哲学

ギリシャで出現した哲学学校は哲学の要請で呼ばれ、哲学的概念、アイデア、視点、さらには他の評価の選択によって特徴付けられたため、折衷主義の概念は折衷主義に由来することに注意する必要があります哲学の学校ですが、他の考えから来ているにもかかわらず、それらが提示する互換性によって一貫した方法で合成することができます。ただし、場合によっては、有機的な全体を構成しない反対意見があるかもしれません。

哲学者、法学者、政治家のマルコ・トゥリオ・シセロは折衷主義の最も著名な代表者であり、彼の側では、先験的に生じる可能性のある矛盾を打破するために、それぞれから最も重要なものを取り入れて、さまざまな理論と流れの調停を求めました。たとえば、彼はストア派、逍遙学、懐疑論の理論を組み合わせる方法を知っていました。

芸術的折衷主義

美術では、折衷主義は、さまざまなソースやスタイルから側面が生じ、特定のスタイルとして構成されたことのない混合タイプのスタイルです。つまり、絵画、建築、装飾芸術、グラフィックアートのいずれかの分野で、さまざまな影響が組み合わされた単一の作品です。

ドイツ出身の考古学者で歴史家のヨハン・ヨアヒム・ウィンケルマンは、古典芸術の要素を作品に取り入れようとする画家カラッチの芸術作品を選び出したいという要請で、初めて折衷主義の概念を使用した人物でした。

一方、18世紀には、当時ロンドンの王立芸術アカデミーを監督した英国の画家、ジョシュアレノルズ卿は、折衷主義の確固たる擁護者の1人でした。アカデミーで展示された彼の多くのスピーチの1つで、彼は、造形芸術家が共通の特徴を持つ雑誌として古代の芸術を使用し、そこから彼を最も喜ばせる要素を取り入れるべきであると表現することができました。