不信者の定義

不信者という言葉は、この人またはその人が彼らが言われ、示されていることを単純かつ容易に信じていないことを表現する必要があるときに私たちの言語で使用できる用語です。

一般に、不信者として分類された人は、行動、思考の方法でこの特性を永続的に示します。つまり、問題に関連する瞬間の問題ではなく、物事を信じることに消極的であることを示すのは人生の態度です。問題であるため、彼はすべてとすべての人を信じる必要があります。

同様に、信頼の面で否定的な経験にさらされた人は、通常、何かまたは誰かを信じるときに他の人よりも多くの不信を示すことに注意する必要があります。

また、この単語は、無神論者や不可知論者など、他の用語の同義語としても使用できます。無神論者は、それがの名前であるため、宗教の分野内の特殊な存在と重要性を持っている概念であり、神の存在を否定している個々の

そして、その一部として、不可知論を擁護し、不可知論の信奉者である個人を不可知論者と呼びます。これは、神の特徴を示すすべてのもの、またはそれを失敗するものすべてを人間がアクセスできないと見なす立場を採用することで構成されます。彼らはまだ経験されていません。

次に、言及された考えを支持するすべてのそれらの哲学的な流れに対して、不可知論的な態度を強制することが可能です。

一方、問題の人に直接反対する用語は、信者の用語であり、それは、何かを信じる個人または宗教を公言し、献身する個人とは正反対のことを指します。

信者は、彼が不可欠な部分である宗教が提案するすべての行動、コメント、思考を伴うことを特徴としています。だからこそ、提案や教義に反対する信者の言うことを決して聞かないのです。なぜなら、彼のコミットメントはそのようなものであり、あらゆる種類の精神的な質問を超えているからです。