不誠実とは»定義と概念

インソレンスという言葉は、私たちの言語で一般的に使用されている用語であり、人が持っている大胆な、軽蔑的な、または無礼を説明したいとき使用します

誰かの行動の中で大胆さや尊敬の欠如

前述の行動は人格の通常の部分である可能性があります、または人は正確にこのタイプの反応を引き起こす特定の状況に直面したときにこのように行動します。

この種の行動は若い人や子供によく見られますが、たとえば青年期は、反抗や規則の違反、親の押し付けが蔓延する人生の段階ですが、それほど頻繁ではありませんが、それも可能です。大人の間でそれを感謝する。

そのような状況の説明は、若者や子供たちがしばしば自信といくつかの無意識、彼らの年齢に典型的な状態で行動するということかもしれません。

ただし、このように行動する子供や青年を指導し、助言することが重要です。時間の経過とともに、そのような行動は重大な社会的迷惑となり、一部のグループや状況に含まれなくなり、絶え間ない差別や報復を受ける可能性があるためです。この傾向。

横柄な働き

一方、示されたように振る舞う人は、横柄と呼ばれます。

横柄な人は、節度がないので社会的に認識しやすく、自分よりも権威や年齢が高くても、他人の前で勇気を出して質問します。

また、不誠実さは、とりわけ、神聖な物や旗、盾などの国のシンボルに向けられる可能性があります。

神聖なシンボルやオブジェクトを攻撃する

国のシンボルや宗教的信念によって神聖と見なされるオブジェクトを攻撃することは、一部の不適合グループの一般的な慣行であることが判明しました。たとえば、ユダヤ教徒とキリスト教徒のコミュニティは墓の冒涜に苦しむのが一般的です。

事実上、私たちは主に否定的な意味合いで概念を使用しますが、既存の構造を壊す方法を知っている人、または何らかの側面や文脈で革新する人の行動を示すためにも使用できると言わなければなりません。

不快なことわざや行動

また、私たちは「侮辱」という言葉を使用して、誰かにとって非常に侮辱的で不快なことわざや行動を表現します

誰かが他の人に与える侮辱は、侮辱と見なされ、受け手の口頭または身体的反応を目覚めさせることができます。

つまり、それらを受け取った人は、別の侮辱、平手打ち、またはその他の打撃で応答することができます。

残念ながら、これらの時代には、暴力はほとんどすべての社会的レベルとすべての年齢で存在し、定着しています。

じっとしていることや、無礼に反応しないことは不可能な場合もありますが、一人一人の自己愛が私たちを自然に自発的に反応させるので、私たちは自分自身をコントロールし、可能な限り反応しないようにしなければなりません。

暴力は常により多くの暴力をもたらします。

暴力的な状況に反応しないことを支持する教育と内面の仕事だけが、今日私たちがどこでも感謝している暴力を減らすことができます。

この概念に関連して通常使用されるいくつかの同義語がありますが、最も使用されているものの2つである不敬と大胆さを強調します。

不敬は基本的に、誰かまたは何かに対する敬意の欠如を意味します。これは、非常に迷惑な行動や、確かに気になることわざに基づいています。

そしてその一方で、大胆さは誰かが彼らの行動で提示する大胆さ、無謀、そして大胆さを想定しています。

大胆さはかなり再発する特徴であり、外向性の傾向があり、そのため、確立された社会的規範への愛着をあまり示さず、通常は大きな勇気を持って現れ、結果についてあまり考えない人々に存在します彼らの行動が持つかもしれないこと。

一方、目前の概念とは正反対の概念は礼儀の概念でありそれは不誠実が提案するものの反対であり、注意、愛情を示し、他を大いに尊重することで際立っているデモンストレーションまたはパフォーマンスです。