バーテンダーの定義

バーカウンターで飲み物やその他の飲み物を消費する顧客にサービスを提供することを仕事とする個人

バーテンダーはもともと英語に由来する用語ですが、その使用は確かにスペイン語で広く普及しており、バーで消費する顧客にサービスを提供することを仕事とする個人を指すためにすでに実際に使用されていますバー、食堂、レストラン、醸造所、通常この労働者がいる他の場所の中で。

つまり、バーテンダーの仕事は、バーに近づいて飲み物を飲むという一般の人々の注意を引くだけです。バーテンダーは通常、サンドイッチやスナックなどのある種の食べ物や簡単な食べ物も提供しますが、特に準備します。

飲み物の作成

しかし、バーテンダーの仕事は、顧客が求めるものを提供することに限定されていませんが、実際には、さまざまな種類のアルコール飲料とそのアルコールの卒業についての十分な準備と知識が必要な活動であり、後でそれらのいくつかを組み合わせて作成します特別でユニークな飲み物の。

ちなみに、この活動の周りには飲み物の作成に多大な創造性が注がれていますが、最も人気のある飲み物の多くでさえ、バーテンダーの作成の結果です。

クライアントはバーテンダーにビール、ウイスキー、ワイン、ジン、ウォッカなどの非常に人気のある飲酒を求めていますが、この労働者に最も求められているのは、シェーカーを介してさまざまなアルコール飲料を組み合わせた飲み物を作成することです。場合によっては、果物さえもそれらに追加されます。

バーのショーマン

多くのバーテンダーは、飲み物を準備しながら音楽や振り付けを追加して、自分の作品を実際に披露する方法を知っています。

ここで、コンセプトは主にバーやダンス会場で働いてアルコール飲料を提供する人々に関連していますが、バーテンダーはバーのバーでコーヒー、紅茶、ソフトドリンクなどの他の飲み物も提供できることを強調する必要があります。 。

この言葉が広く使われるようになったことで、ウェイター、バーテンダー、ウェイターなどの自生の要素が最も一般的になりました。