第一世界とは»定義と概念

人類のすべての時代において、いくつかの国は経済力を持っていますが、他の国は持っていません。第二次世界大戦後、地球上で最も先進国を指す第一世界のラベルが登場しました。明らかに、別の名前も最も不利な国を指すように見えました:第三世界。いくつかの国と他の国の間には、発展途上にある国があり、新興国または第二世界の国としても知られています。

人間開発指数(HDI)は、国の繁栄を判断するために使用される指標です。

第一世界の概念が主観的ではないように、HDIは統計的参照として使用されます。この指標は、平均余命、成人人口の識字率、1人当たりGDPのパラメータに基づいています。

HDIは時間とともに変化しますが、オーストラリア、ノルウェー、スイス、デンマーク、米国、フランス、英国、日本、ドイツ、スウェーデン、または南など、ここ数十年で最初の世界の一部となった国がいくつかあります。韓国。前述の国々を参考にすると、一連の共通要素が見られます。

1)資本主義経済システム、

2)高い産業および技術レベル、

3)高度な社会的指標(例えば、非識字率の低さ、社会的保護、余暇へのアクセス)、

4)表現の自由と

5)政治的多元論。

第一世界の国々の問題

失業、食糧不足、路上での暴力は、国の経済的繁栄と両立しません。第一世界の国に住む市民は、第三世界の観点からはばかげているように見えるかもしれない多くの問題を抱えています。

それらのいくつかは次のとおりです:Wi-Fiへの無料アクセス、小児肥満、学校の食堂での果物の不足、ボトル、または大学で勉強するための不十分な奨学金。

韓国は、50年前に第三世界の一部であった最初の世界の国の例です

1953年の朝鮮戦争の終わりに、国は北朝鮮と韓国の2つの国に分割されました。北の国は孤立して貧しいが、南の国は繁栄して進んでいる。

アナリストは、韓国人の経済的奇跡はいくつかの理由で説明できると信じています。

1)大規模な家族経営のビジネスグループ(たとえば、SamsungはLee家族によって管理されています)、

2)国によって保護されているが効率的に管理されている重工業、

3)GDPの5%が投資される効率的な教育システム、

4)新技術の推進と

5)人口の動機。

写真:Fotolia-carlosgardel