歌集の定義

歌集という用語は、特定の美的または音楽的な感覚と論理で武装した曲のセットを示すために使用されるものです。歌集は、1人または異なるアーティストによって歌われたり暗唱されたりするいくつかの朗読可能な歌や詩をまとめたものです。歌集を構成するさまざまな要素間の特性の違いが優勢な場合もありますが、通常、それらは、音楽のスタイル、詩が意味する意味のタイプ、アーティストであるなど、それらの間の共通の要素を見つけることによって組み立てられますそれらを実行または歌うなど。

歌集は音楽の世界で非常に重要な要素であり、この分野の専門家が使用できますが、音楽に専念していない一般の人が持つ可能性のあるニーズ、スタイル、およびアクセシビリティに簡単に適応することもできます。この意味で、問題の人が自分の歌やそれに付随する音楽を演奏することによってそれらの曲を楽しむことができるように、さまざまな曲の歌詞またはコードを含む人気のある現在の音楽バンドのさまざまな歌集を見つけるのが一般的です。

歌集は、リサイタルやライブパフォーマンスなどの特定のイベント用にまとめることもできます。したがって、歌集は、そのイベントで演奏されたテーマまたは曲のリストとして、お土産として、またショーをフォローできるようにするためのガイドとして保存することができます。

前述のように、歌集はその構造が非常に多様である可能性があり、単一のアーティストまたは音楽グループによる曲のみを含むものもあれば、特定のスタイルの音楽から異なるミュージシャンからの曲のセットである場合もあります(たとえば、ジャズの歌集多くの異なるジャズアーティスト)。重要なことは、歌集がそれを構成するすべての曲の間で共通の特定のポイントを維持しているので、特定のタイプの音楽の好みに興味を持ったり、役立つことができるということです。