ワイヤレスネットワークの定義

無線ネットワークは、ケーブルを排除し、波を利用してデータ伝送を行う通信ネットワークです。この定義に含めることができるネットワークにはさまざまな種類があり、インターネットの提供、携帯電話サービスの提供、または単に個人的な使用に使用できるネットワークがあります。ワイヤレスネットワークは今日、社会における通信の開発方法を変えることに大きく貢献している技術の側面であり、送信できるデータの量を大幅に増やして、提供できる可能性はまだまだあると考えられています。

特徴と関連性

ワイヤレスネットワークの主な機能は、ケーブルを使用せずに異なるデバイス間の通信を確立することです。この状況は、コストの観点から非常に関連性があり、脇に置くケーブルの費用を大幅に節約します。ただし、これらのタイプのネットワークが抱える主な問題は、セキュリティの問題です。これは、攻撃や発生する可能性のある情報の盗難からネットワークを保護するための特定の標準を開発する必要がある状況です。インターネットの場合、これらのセキュリティシステムはWPA、WP2、WEPと呼ばれます。

情報を伝達する波

ワイヤレスネットワークのトレースに使用できる波はさまざまです。最初のケースでは、電波があります。これは、すべての方向に向けられ、比較的低い周波数のままである波です。次に、いわゆる衛星マイクロ波があります。これは、地球から軌道を回る衛星に向かって放出され、そこから増幅された方法で送り返される波です。最後に、いわゆる地上マイクロ波があります。これは、送信を可能にするために位置合わせする必要があるパラボラアンテナを必要とする波です。

絶え間ない開発における革命

ワイヤレスネットワークは、電気通信に関して真の革命を可能にしました。事実上、それらは、一般的に必要なカバレッジがある場所である人口の多い場所で私たちが簡単に接続できる程度に、実際の進歩を意味しました。一方、すでに明らかにされているように、このプロセスは、ケーブル敷設が残されているという事実により、大幅にコストを削減することによって実行されます。将来的には、無線ネットワーク技術のさらなる改善が期待されており、その改善により効率が向上します。