Windowsエクスプローラーの定義

典型的なWindowsエクスプローラーの例。

Windowsエクスプローラーは、Microsoftオペレーティングシステムで使用されているツールであり、ユーザーはWindowsにあるすべてのプログラムとファイルをナビゲートできます。ファイルをナビゲートのこのシステムは、それが本当にあるのWindows 95と呼ばれる、Windowsのバージョンで作成された方法オペレーティングシステムにインストールされているフォルダー、アイコン、何が表示されます。時間の経過とともに、アイコンの外観が変化し、コントロールパネルなどの特定のサービスの場所も変化し、現在のWindowsの最新バージョンに到達し、非常に「美しい」アイコンが目に心地よく表示されます。

本当にWindowsエクスプローラーは、このソフトウェア会社によって考案されたシステムのいずれかを使用して、MicrosoftWindowsシステムですべてのファイルを表示する方法です。説明されているものの例は、携帯電話で最も使用されているシステムの1つであるandroidであり、アイコンとファイルが保存されているフォルダーを整理するシステムがあります。このシステムは、Androidエクスプローラーと呼ばれる可能性があります。ただし、andriodがデフォルトで表示するのとは異なる方法でAndroidフォルダーを表示するさまざまなアプリケーションまたはアプリがあることが知られています。これらのアプリは、一般に「スキン」と呼ばれるものになります。また、Windowsエクスプローラーに「スキン」を配置して、特定のテーマに基づいてファイルの外観を作成することもできます。たとえば、ゴシックに関連するもの。

Windowsエクスプローラーを開く最も一般的な方法は、Windowsキーを押し、離さずにEキーを押すことです。

最新のMicrosoftシステムは、Windowsエクスプローラーの外観を変更し、プログラムを「アプリ」と呼びますが、それは常にWindowsシステム上のファイルとフォルダーを表示する方法です。

Windowsエクスプローラーは、ファイルマネージャーやエクスプローラーなどの別の用語で説明できる用語です。。基本的に同じです。これにより、名前フォルダーの変更、フォルダーのある側から別の側へのコピー、ファイルやフォルダーのハードドライブ上の別の場所への移動などが可能になります。ファイルエクスプローラーまたはWindowsエクスプローラーに移動すると、通常、ハードドライブのどこにいるかを示すアドレスバーが上部にあることがわかります。以下に、選択したファイルまたはフォルダの特定のプロパティを示すステータスバーが表示されます。たとえば、それが占める量とファイル形式を教えてくれます。左側には、マイドキュメント、ハードドライブ、デスクトップ、いくつかの重要なフォルダなど、ディスク上の主要な場所が表示されます。