ヒントの定義

兆候とは、現時点では認識されていない何かの存在を推測または知ることを可能にするものです

残され、事実について推論または結論を導き出すことを可能にするシグナル、トレース

論理学者で哲学者のチャールズ・サンダース・パースが行った研究によると、記号は、それとの関係を維持した結果として、その動的オブジェクトによって決定される記号です。標識は、標識が示す3つのレベルの1つです。それは、たとえば、病気の症状の出現、特定の方向への風見鶏の動きなど、示されたオブジェクトに直接関係しています。これにより、その瞬間の風の方向がわかります。

刑事事件の解決のために常に従うべき鍵

犯罪学の分野では、表示という用語は、何かの存在の明白でありそうな兆候を呼び起こすと同時に、表示の記号の同義語であるため、優先的な場所を占めます。そのため、これらの状況では、兆候はすべて、感覚を通して知覚でき、調査中の犯罪事件に関連する重要な機密資料になります。

通常、犯罪が発生するとすぐに調査を担当する警察は、犯罪現場で記録され、その調査と分析によって加害者に到達できる各データ、マーク、指紋の監視と決定を正確に担当します。または調査中の犯罪の加害者。

物理的な痕跡とは、研究者が特に追跡する痕跡です。たとえば、足跡、物体の指紋、地面の毛などです。これらすべての要素は、ケースの解決に近づくことができるように徹底的な分析にかけられます。

完全犯罪は存在せず、ほとんどの場合、事実の作者を見つけるための手がかりを見つけることになると言われています。

紛失した物や対象物についても同じことが起こり、警察や所在の調査を行う者は、失踪直前の瞬間に、それらに関連するすべての兆候や事実に焦点を当て、あなたがあなたの発見に近づくことを可能にするデータを取得する。

難破船について考えてみましょう。ボートまたはその一部が海域で発見されると、近くにいる生存者を見つけるための手がかりになります。

犯罪捜査におけるテクノロジーの重要性

技術の開発が手がかりを見つけるという困難な道のりに今日与えている影響を無視することはできません。

携帯電話は、犯罪や人の失踪を追跡する必要がある場合、パンドラの箱になる可能性があります。携帯電話を評価することで、被害者が最後に誰と話したのか、何があったのかなどのデータを取得できるからです。とりわけ、最後のインターネット接続をスケジュールします。

一方、エンターテインメントの分野では、謎を解くことができるようにさまざまな手がかりを提示することを正確に特徴とする、一般に謎として知られているゲームがあります。

あなたの知覚に対する感覚の影響

それは敏感な素材であるため、耳、目、手などの感覚器官を使用することによってのみ捕らえられ、知覚される要素で構成されていることを理解しています。敏感な物質の捕獲を最大にするために、私たちの器官が絶対に同じ物体に専念することが必要になるでしょう。このようにして、調査する材料の選択におけるあらゆる種類のエラーや混乱を回避します。調査中の事実との関係が証明されると、それは証拠になります。

証拠の種類

彼らが事実と提示する関係によると、証拠は次のようになります:特定の証拠(一目で徹底的な分析が必要であり、武器の指紋の場合のように、それらを作成した人に直接関連しているもの)および不確定な兆候(それらは、とりわけ、毛、繊維、尿、精液、嘔吐物、血の痕跡など、その物理的性質に従ってその組成と構造の両方を知るために完全な分析を必要とするものです)。

そして、最初の症状または少量の何かも、記号という言葉で示されます。

この感覚は、存在が問題の地域の重要なランドマークを構成する場合に、予期されなかった、または存在すると考えられた地理的な場所でのある種の要素または材料の発見に適用できます。