マザーボードの定義

コンピュータのマザーボードまたはマザーボードは、デバイスの回路が印刷されており、マイクロプロセッサ、サポートする電子回路、メモリスロット、およびその他の追加デバイス間の接続を可能にするものです。

コンピューティングにおいて、コンピューターの回路に見られる最も重要なデバイスは、マザーボードまたはマザーボードと呼ばれます。これは、同じコンピューターの異なる電子ユニット間の接続を容易にし、デバイスを流暢に使用できるようにするためです。これは、あらゆるタイプのコンピューターやその他の電子機器に存在する基本的な部品です。

マザーボードまたはマザーボードは、物理接続、電力管理と配電、データ通信、タイミングと同期、制御と監視など、コンピューターの重要な機能を果たします。

通常、マザーボードには、これらの機能の実行を可能にするBIOSと呼ばれる基本的なソフトウェアがインストールされています。

最も人気があり広く使用されているボードまたはカードには、XT、AT、Baby AT、ATX、LPX、mini ITX、nano ITX、BTX、WTXなどがあります。

各マザーボードは、ソケット、メモリソケット、チップセット、スロット、さまざまなタイプのコネクタ、ROM BIOS、RAM CMOS、フロントパネル、バッテリー、水晶振動子で構成されています。 COM1、LPT1およびその他のコンポーネント。

多くの場合、システムがマザーボードにそれを許可する場合、周辺機器を使用する追加のカードが追加されます。これらは、ユーザーの興味に応じて、サウンドカード、ビデオまたはグラフィックス、モデム、およびその他のいくつかです。さらに、これは、マザーまたはメインボードが機能するためにマザーボードに接続する必要があるため、追加のスロットの数によって異なります。