頭蓋骨の定義

スカルは、ヘッドの骨構造であり、それはその上部及び後方部分にボールトの形状を取得配置されている骨のシリーズで構成され、それらの前に骨の別の群は、Aの形に配置されています顔を形作るソリッド。

頭蓋円蓋は、脳、小脳、脳幹からなる中枢神経系(脳)の上部を収容する機能を持つ合計8つの骨で構成されています。これらの骨は、神経系のこの部分で発生する神経の頭蓋骨の出口を可能にする一連の穴とノッチを提示します。合計で12個あり、両側に出現するため、脳神経と呼ばれます。同様に、これらの管は、内頸動脈および椎骨動脈の場合のように、動脈が頭蓋骨に入るのを可能にし、頸静脈および椎骨基底静脈などの静脈の出口を可能にする。

後端の下部には大後頭孔があり、脊髄と連絡しています。この穴により、脳と脊髄の周りを循環する脳脊髄液を継続的に排出することもできます。

頭蓋骨は脳の重要な保護機能を持っています。脳と脳幹の場合、両方の構造で意識、呼吸、心臓活動、血圧、体温調節などの機能の調節中心であるため、この保護は生存のために重要です、重要な生命機能です。

誕生から子供の頃まで、頭蓋骨の骨は軟骨と呼ばれる軟組織によって結合されており、脳と同じ速度で成長することができます。これらの結合は合計6つですが、2つだけです。より明白で、頭蓋骨の上部に位置し、フォンタネルと呼ばれる2つの開口部が生じます。青年期には、骨の間の関節が統合され、頭蓋骨が最大の抵抗を獲得します。

La unión rígida de los huesos del cráneo si bien permite proteger al sistema nervioso, es también un factor en contra ya que ante infecciones, traumatismos o accidentes del cerebro o las meninges en los que se produzca inflamación o hemorragia, el cráneo constituye un elemento que impide que se produzca un aumento del volumen de los tejidos o que la sangre se acumule. Estos fenómenos aumentan la presión dentro del cráneo lo que lleva a que la parte inferior del cerebelo descienda a través del agujero magno lo cual comprime los centros que controlan la respiración a nivel del tallo cerebral produciendo la muerte inmediata, este fenómeno se llama “enclavamiento” y ocurre en casos severos de meningitis, derrames o hemorragias cerebrales, accidentes cerebrovasculares, infecciones tipo abscesos del sistema nervioso y en algunos casos de tumores intracraneales.