雇用契約の定義

空白の、公式の、または法的な仕事について話すときはいつでも、その仕事または仕事が両方の当事者(従業員と雇用者)によって正しく実行されていることを間違いなく証明する文書を参照する必要があります。この書類は、雇用契約または雇用契約に他なりません。これは、自分が行う活動に対応する給付や保険を取得したい場合に、生涯を通じて所有しなければならない最も重要な書類の1つです。労働契約は基本的に、他の形態の契約と同様に、署名の際に行われる当事者の権利と義務の両方を確立するのに役立ちます。したがって、契約は、作業が合法であり、何らかの理由でこれが発生しない場合、どちらの当事者もその作業の正しい履行を要求できることの証明として機能します。

黒人、違法、または不安定な仕事で起こることとは異なり、合法的な仕事について話すときは、雇用契約が常に存在している必要があります。間違いなく、利害関係者が活動を開始する前に取らなければならない最初のステップであり、雇用主と従業員の両方が文書で提供される情報を認識し、認識していることが非常に重要です。

雇用契約をマークする最初の事柄の1つは、タスクが実行される特性と条件です。たとえば、タスクが何時間続くか、どのスペースで実行されるか、アクティビティまたはタスク自体は何であるかなどです。で構成され、同じものに対してどのような報酬が受け取られるかなど。さらに、ソーシャルワーク、労働者保険、休日数、休暇、クリスマスボーナス、家族手当など、労働者に対応するすべての社会的費用も詳細に記載する必要があります。

他方、雇用契約はまた、契約違反を意味する可能性があり、負傷した当事者に得られた損害賠償を請求する可能性を与える状況または状況を確立します。この意味で、労働者と雇用主の両方が、そうしないことの罰則の下で特定の条件を遵守しなければならないことを保証します。