市民の定義

市民という用語は、コミュニティ内の礼儀正しさや社会的共存に関連するさまざまな問題を指すために使用される形容詞です。通常、この用語は、行動の特定のタイプのパターン(「市民ガイドライン」)、および市民教育または市民教育として知られる教科に含まれる特定のタイプの知識を形容詞として使用します(ただし、さらに多くのバリエーションがあります)。

市民という言葉は市民の概念から来ています。市民とは、社会の中で意識的かつ責任を持って行動するために十分に発達した成熟段階にあると考えられる人です。通常、子供と青年はこのカテゴリに含まれず、コミュニティの残りの人口全体が含まれます。そして、市民は市民、特に都市の範囲、特に市民の概念が生まれたと考えられる場所に関係するすべてのものになります。

この意味で、市民教育は、社会的に受け入れられていると考えられているものの研究と理解に焦点を当てた教育の一種です。社会的共存に貢献し、さまざまな人権の尊重、および各市民の社会的義務の履行に関係するすべてのガイドライン。

市民教育は、最も虐待され、最も考慮されていない学校科目の1つですが、実際には、おそらく現実との直接的なつながりが最も大きいものです(他の多くの学校科目には欠けている可能性があり、批判されている特性)。市民教育や教育では、社会がどのように構成されているか、社会を構成する人々の権利と義務は何か、家族は何か、友人のグループは何か、タイプは何かなど、非常に重要なデータを学び、知る必要があります。それらは社会、さまざまな形態の政府、そして各市民が政治だけでなく社会に関連するより多くのスペクトルに積極的に参加しなければならない方法の中で発生します。