金融数学の定義

数学はの一つである論理的な演繹科学、特に観察された特性に関係しているよりも古いことで抽象的実体とそれらの間の関係が確立されている中で、計算、アカウントと測定を開発するため。

最良の投資代替案を見つけるために財政問題とお金の価値に取り組むことを扱う数学の分野

ほとんどの場合、それは数字、幾何学的図形、記号を扱う科学です。

一方、金融数学は、時間の経過に伴うお金の価値と金融業務研究のみを扱う数理科学の分野です。つまり、たとえば解明するために、金融の分野で数学を応用することに他なりません。これは投資する際の最良の選択肢です。

時間の経過とともにお金の価値を研究し、資本、利回り、時間などの問題を組み合わせることで、利息や利回りを達成できます。次に、さまざまな評価方法を実行することで、どちらが最善の投資決定であるかが示されます。

目的とリソース

基本的に、金融数学は、債券、預金、あらゆる種類のローン、紙の割引、保険の計算、株式など、金融市場に存在するさまざまな製品が提供できる価値、金利、または収益性の計算に焦点を当てます。 。

単利と複利、一時的な収入、将来と現在価値、無限の収入、一定と増加、ローンと返済スケジュールなど、数学のこの部門のサポートによって管理される次のツールにアプローチすることが不可欠です。

投資は数学のこの部分の基礎となる柱であり、投資は利益または利益を達成するために実行されるアクションです。

投資は常に、交換でより大きな価値を達成するための数字に相当する金銭的支出を意味します。

良い投資が目標です

投資は間違いなく市場経済で最も一般的な慣行であり、生産性の低いセクターから生産性の高いセクターへの単純かつ容易なリソースの動員を可能にするものです。

この手順は、資本市場を通じて特別に研究されており、利益を達成し、スローガンの下で行われた投資の損失を回避することに焦点を当てます。

場合によっては、これを達成するために、特定の戦略が実行されます。

最も一般的なものの1つは、資産の本源的価値を分析することです。

たとえば、株式はさまざまな状況に応じて市場での価値を変化させます。

これらの変化を監視し、たとえば1年間のフォローアップを通じて発生するパラメータやパターンに従って、株式の価格を評価することに専念する経験豊富な専門家がいます。

この支店の利益の中心となるもう1つの問題は、会社の増資であり、会社への投資であれ、準備金の資本化であれ、まさにあらゆる種類の社会関係資本の増加を意味します。

アプリ

評価を実行するために必要な情報は正確に会計帳簿に記録されている情報であるため、金融数学は会計と密接に関連していることに注意する必要があります。

彼らはまた、政治学が社会に起因する経済問題を解決するのを助けるので、政治のかけがえのない同盟国でもあります。

そのアプリケーションは非常に実用的です。

その範囲をよりよく理解するために、金融業務の概念に光を当てる必要もあります。これは、実装から、1つ以上の資本を異なる時点で同等の1つ以上の資本に置き換えることです。金融法の。