生鮮食品の定義

生鮮という言葉は、通常、最終的にはあまり耐久性なく、そのため、それ自体がなくなるという終わりを持たなければならないことを説明するために使用されます。

生鮮食品は人々である非常に迅速にその分解シンプルを開始し。一方、この分解や劣化では、温度、湿度、さらには圧力などの問題が関係します。

肉、果物、野菜、乳製品は、冷蔵庫に保管する必要がある生鮮食品の一部であり、容器またはパッケージに示されている日付より前に大量に摂取する必要があります。

この質問に従わない場合、生鮮食品は腐敗し、とにかくこの状況で消費されると、禁忌にもかかわらずそれを消費した人々の有機分解を引き起こす可能性があります。

菌類とバクテリアは、通常、生鮮食品の破壊に有利に働く微生物です。生鮮食品には、前述の分解を促進する酵素が含まれているため、食感や風味が大きく変化します。たとえば、ヨーグルトを食べて、本来の味とは関係のない不思議な味を感じた場合、分解されて消費時間が切れている可能性があります。

生鮮食品は分解連鎖の中で2番目に配置されます。半生鮮食品と呼ばれるもので、長期間では劣化しやすい食品です。ナッツや根菜(ジャガイモ)は、それらの半生鮮食品の一部です。

これらの生鮮食品を保存するための最も効果的な推奨事項は、間違いなく冷蔵庫、またはそれができない冷凍庫と冷凍庫です。これらは非常に低温の環境を提供し、これらの食品が指定された時間まで新鮮に生きるのに理想的です。

そして、これらの食品をより長く状態に保つための他の解決策は、微生物の発生を防ぐ酸や塩などの化学添加物の添加です。このようにして、食品がより長く栄養特性を保持することを保証します。