文化人類学の定義

人間を研究する科学はさまざまですが、それぞれが研究の観点から分析しています。文化人類学は、人々の習慣や伝統、そして人々の価値観やライフスタイルへの影響の分析を考慮して、人間の知識を深める科学の1つです。

この分野は社会人類学とも呼ばれます。つまり、神話の研究、人々の政治構造、家族の種類と社会的相互作用、生活の質、食べ物など、さまざまな観点から社会を研究の対象とします。

文化は第二の性質です

文化人類学は、人間を理解するためには、人間が住んでいる環境も知ることが重要であると説明しています。なぜなら、この環境は人間のあり方に直接影響を与えるからです。したがって、この種の知識は、習慣の存在としての人間の社会的側面も研究し、彼が最も近い環境で観察する伝統の多くを通常の論理的なものとして内面化することになります。この観点から、文化は第二の性質のようなものです。

直接的な社会的エージェントとしての人間も倫理的存在です(倫理は文化人類学によって研究されたもう1つの分野です)。道徳はまた、文化の種類に応じて特定のニュアンスを持つことができます。社会人類学はまた、異なるタイプの文化間およ​​び各歴史的文脈に存在する重要な相違点と類似点を反映しています。

町の本質を知る

文化人類学は、最も発達した人々と最も原始的な人々の生き方を研究しています。文化は、その本質と同一視されていると感じるグループにアイデンティティを提供するため、重要です。言い換えれば、グループの価値観は、価値観や習慣を共有する環境の一部であることによって、個人が感じる帰属の強化も示しています。

観察は、仮説や仮定からではなく、客観的なデータから人々の伝統を分析するために文化的アンソロジーで最も使用されている方法の1つです。この科学はまた、人間が彼らの歴史的な進化と発展を知ることを可能にするので重要です。

写真:iStock-Izabela Habur