道徳的良心の定義

人間は、個人の核によって示されるように、非常に偉大な存在です。人間の特徴的なメモの1つは親密さです。つまり、行動に関して何が正しいかについて、すべての人間が持っている反省の能力です。道徳的良心は、合理的な判断を通じて、そうでないものからその良い行動を識別することができるという人間の倫理的正しさを示しています。

逆に、目的を達成するための手段となる行動があるように、善を行うことは、行動の仕方に落ち着きと満足を感じる人々に幸福をもたらすので、善の達成はそれ自体が目的です。社会的観点から、道徳的良心は他の人間を尊重することの重要性を示しています。

善の実現

上記の道徳的良心はまた、個人が道徳的義務の概念を内面化するのを助ける行動規則、一般的および普遍的な法律によって決定されます。道徳的良心の主な基準の1つは正当化です。人間には、起こりうるエラーを評価するために、自分の行動を振り返る能力があります。

教育は人々を訓練する最も重要な手段の1つであるため、社会は社会倫理の構築においても非常に重要な役割を果たしています。知識は自由の地平であり、道徳的な反省の地平でもあります。人間には自由の賜物があります。

つまり、それは善行を実行する能力を持っていますが、それはまた不正行為を実行することもできます。重要なことは、倫理的な観点から、人間は彼らの行動の結果に対して責任を負うことによって行動することは善良であり、特定の失敗を犯した場合に犯された損害を修復することができるということです。

家族の例の重要性

親は彼らの行動を通して彼らが前向きな例で人生の道を導くので彼らの子供のための道徳的な参照です。親は、家庭で明確で具体的な規則を履行することにより、良心の中で子供たちを教育します。親と教師は、特定の目的を達成するためにチームとして働きます。なぜなら、この善に対する意識は、人生の最初の数年間で獲得されるからです。