保証人の定義

注意という言葉には、同じように広く使われている2つの用途があります。一方で、予防またはあらゆる側面での注意を指すために使用されます。たとえば、個人に適用され、行動するときに表示される注意を指す場合があります。「フアンは細心の注意を払って行動します。彼がボトルを壊したことは不可能です。」

誰かが彼らの行動に提示する落ち着き

この意味での保証とは、行動を展開するためのリスクの発生または失敗を防ぐために、一貫した方法で人を準備および配置することを意味します。

不快な結果を避けるために、控えめで落ち着いて行動することを要求する状況や、問題xを引き起こし、行動や何かを続けることができないという事実があります。

神の美徳と正確に考えられている慎重さは、危害や危険を避けるために常に思慮深く慎重に行動することを意味するため、慎重に行動する人々の特徴です。

間違いに陥ったり、急いで決断したりすることを避けるために、常に考え、それぞれの選択肢を評価するために必要な時間をかけて、そうでなければ、注意せずに、または考えずに行動するときに、最も適切なものを選択できることが理想的です。間違いを犯すのはよくあることです。

当事者が合意された合意を遵守することを保証する保証

一方、保証という言葉は保証であり、合意された個人の安全は、たとえば契約、署名された合意など、タイムリーに履行されます

したがって、契約された義務が遅延や挫折なしに効果的に履行されることを保証するために提供される保証を指すために、法律の分野で繰り返し使用される概念です。

言い換えれば、セキュリティが有効であると、司法上の主張に達した場合に判決が履行されることが保証されます。

人が契約または契約に署名し、合意された条件を遵守することを確実に信じたい場合、保証人が表示されます。これは、すでに示したように保証であり、相手方が遵守することを保証します。合意に基づいて。

もちろん、保証人、つまり自然人への保証として提示される場合もあれば、それを検証する関係当局の前で有効な宣誓または約束が行われる場合もあります。

保証人は常に、経済的損失の支払いまたは補償の保証としての機能を担っています。

これは、最終的に損害を被る可能性がある前に常に管理され、保護手段であり、契約に関与する当事者の1人の利益を擁護します。

一方、保証の概念は保険の世界と密接に関連しています。

保証保険:損害を被った当事者を保険会社が補償するように契約されています

保証人保険としても知られ、保証保険は、保険者が相手方を免責することを約束、そこからその保険契約となり、イベントに被保険者が被った損害について、被保険者、それが契約者である保険契約者、保険契約を規定し、保険会社が発行した保険契約に署名する人は、法的または契約上の義務を問わず、彼と一緒に維持する義務を遵守しません。

このタイプの保険の存在理由は、契約に関与する当事者の1人が、契約した義務の履行を保証する保証を相手方に要求するときにその目的を見つけます。保証を達成する方法は、保険を契約することです。確かに、義務を負った当事者がその約束を遵守しなかった場合、保険会社は、常に適時に合意された条件の範囲内で、前述の違反から生じた補償に責任を負うものです。

保証人は、行政との契約に署名する際に広く普及している保険です。この場合、契約者は請負業者であり、行政は被保険者です。

このタイプの保険から生じる主な利点は、適切にカバーされる保険料を支払うのに十分であるため、流動資産に大きな経済的損失をもたらさないことであることに注意する必要があります。

次に、保証保険は、被保険者または元本(保険の受益者)、保険会社または会社(保険を発行する事業体、提案者がその時点で契約した義務の履行を被保険者に保証する)、および提案者または保険契約者(義務を遵守する責任があり、会社との契約に署名し、署名されると、対応する保険を発行します)。