アールヌーボーの定義

アールヌーボーの名前は、19世紀後半から20世紀初頭に出現した芸術スタイルに適用されたものです。その名前はフランス語に由来し、「現代美術」と表示される場合もありますが、「新しい芸術」と理解する必要があります。アールヌーボーには、特定の時間や日付に限定できる特定の起源はありませんが、非常に多様なスタイルから影響を受け、19世紀の最後の10年間にすでに独自の特徴を持っている運動と見なすことができます。

アールヌーボーは非常に特別ではっきりと区別できるスタイルです。人類の歴史における多くの芸術スタイルはいくつかの分野に限定されてきましたが、アールヌーボーは、絵画、建築、彫刻、デッサン、グラフィックデザイン、インテリアデザイン、テキスタイルデザイン、そしてとりわけジュエリーに見られます。この意味で、アールヌーボーの発展に貢献した芸術家たちは、それが芸術形式ではなくライフスタイルであることを理解していました。そのため、異なる表現間の関係は無限で永続的でした。さらに、彼らにとって、アートは日常生活で楽しくないものになるのではなく、さまざまなオブジェクトの有用性や機能性と完全にバランスが取れている可能性があります。したがって、新しいアートの概念。

アールヌーボーは、ドア、窓、家具、宝石、ランプ、ポスター、看板、トランジットなどの日常的な要素の存在を通じて、美術と応用美術(芸術的なものではなく職人の伝統に由来するもの)のこの結合を表現しようとしました。この芸術を特徴付ける要素のいくつかは、波状の形と線の使用であり、自由でほとんど真っ直ぐではなく、細部が溢れていますが、落ち着いたまたはエレガントな意味で、色、繊細で淡い、非常に官能的な女性像などです。 。