社会人類学の定義

社会人類学は人間の知識の基本的な分野です。この科学は19世紀からより具体的な方法で発展し始めました。その最初の段階では、社会人類学にふさわしい研究の対象は産業化以前の社会でした。しかし、社会の進化とともに、この科学はその研究分野も拡大しています。

社会人類学の分野で働く専門家は、人々の文化的知識を深める専門家です

たとえば、社会人類学者の研究は、人々の信仰(つまり、宗教的アイデア)、当時の支配的な芸術の流れ、知識の支配的な理論、社会関係の形態、価値観などの特定の質問に対処することができますそして、特定の日に人々の社会倫理、社会的慣習、伝統を構築する信念。したがって、他の人間の分野と同様に、社会人類学は、人間が自分が属する社会の一部として自分自身をよりよく知ることを可能にする宝物です。

さらに、社会人類学はまた、異なる人々の習慣に存在する違いから、世界に存在する文化の豊かさを示しています。言い換えれば、精神の食物としての文化は、多様な善であるため、進化の本質的な善です。社会人類学者が実施している調査方法の1つは、客観的なデータを収集するための鍵となる直接観察です。

たとえば、地域の言語などの別の要素は、その場所の社会人類学を実行できるようにするために不可欠です。

人は文化的存在です

社会人類学の意味もまた、それ自体が文化的存在であるという人間の前提から始まります。つまり、知性、理由、感度、そして意志は、人間のライフスタイルを理解するための不可欠な能力です。

一方、人間は個人的に理解することができますが、社会人類学は観察の枠組みを実体としてのグループに置きます。つまり、社会では、儀式、習慣、規範、事実によって養われる独自の生活を持つ構造としての社会です。彼自身の性質の現れとして、人間を理解することは不可能です。

写真:Fotolia-アンティーク/ Bo Secher