ポリシーの定義

政治とは、社会全体の行動をリードする意思決定に関する人間の活動です。この用語は、州を構成するギリシャの都市を暗示する「ポリス」に関連しています。民主主義社会の文脈では、システムの機能を保証するのが規律である限り、政治は非常に重要です。しかし、一連の目的を達成するためにグループを導くことを目的とした人々の間の相互作用は、その発足以来、人類に固有のものであると言うのは正しいです。

国家の政治モデルは、支配的な経済モデルによっても補完されます。経済がなければ、政治的行動は考えられません。現在、常に資本主義システム内で、2つのモデルを明確に区別することができます。国家の行動が制限され、市場を規制しない新自由主義モデルです。それは、それ自体を規制し、それ自体の欠点を修正することができるからです。介入国家を立ち上げ、金融/経済活動を規制し、金持ちと貧乏人の間のギャップのバランスをとろうとするポピュリストモデル。

多くの有名な作家は、政治的行動の分析に専念してきました孔子は、善良な人だけが権威を持つべきであると考えて、倫理的適性を備えた支配者としての優れた業績に関連しています。プラトンは、すべての政治システムは本質的に腐敗しており、政府はその活動のために教育を受けた階級に分類されるべきであると主張した。アリストテレスは、政治は人間の本質に内在するものであり、道徳的に充実した生活を送る必要があり、あらゆる形態の政府が正しい側面と誤った側面を持つ可能性があることを保証しました。ニコラス・マキャヴェッリ彼は、目的が手段を正当化することを主張し、サブターフュージを使用して権力の位置にアクセスすることからなる位置を要約しました。トマス・ホッブズは、男性が絶対的な自由を持ち、社会契約が必要となる絶え間ない対立を引き起こす側面である、仮想的な自然状態に言及しました。ジョン・ロックは、絶え間ない闘争を伴う自然状態に反対しました。ジャン=ジャック・ルソーは、ホッブズとロックによって開発された社会契約のアイデアに他のニュアンスを割り当てました。ジョン・スチュアート・ミルは、民主主義を画期的なものとして歓迎しました。そして最後に、カール・マルクスは、それまでのあらゆる形態の政府が支配階級を代表していたと主張した。

後者によれば、社会は「支配階級」になるための階級闘争によって支配されている。この意味で、マルクスは、社会は常に階級闘争であり、紛争は差し迫っており、永続的であると考えています。

民主主義の範囲内で、代表者フォームは、個人が投票によって代表者を選出することを前提としていますが、彼らの参加はこの投票行動を超えて拡張されません。一方、参加型民主主義は、人気のある協議や公聴会など、政治分野における市民のはるかに広範な活動を想定しています。

この活動の実践に関する立場を超えて、真実は社会に生きる必要があるということです。それを汚職の状況と関連付ける広範な意見は真実かもしれませんが、それはその関連性を無効にするものではありません。この分野での教育によってのみ、より良い市民の統合が保証され、したがって、より多くのより良い参加が保証されます

危機と政府代表の活動への疑問という世界的な状況の中で、近年、社会一般の政治活動の活気が助長されています。地球のさまざまな地域での抗議、動員、デモにより、市民の権利のために戦うという観点から社会的行動を反映し、現在の経済/政治システムの改善に抗議することができます。