寸法定義

ディメンションという用語は、いくつかの用途を認めています。

地形の要請により、地図上で海抜または別の水平面上の点の高さを示す機能を果たす数値は、標高と呼ばれます。

一方、前述の海抜またはその他の水平面上のポイントの高さは、標高と呼ばれます。

また、重要性について言及したい場合、何かの価値はレベルと呼ばれます。彼の演説は予想外の高さでした。

一方、寸法線は、製図での計画の表現に使用され、計画で表現された部品の寸法を決定するという使命を持っていると呼ばれます。一方、寸法線を構成する要素は次のとおりです。測定対象物の表面に平行な線。ディメンションの開始と終了を示す記号は、両端に配置されます。寸法線の上の寸法図、寸法の長さの数値が割り当てられます。同様に、最小および最大の公差と補助寸法線を設定できます。これらは寸法に垂直な線であり、寸法線を区切るものです。 。確立されたものによると、これらの線は寸法線から約2mm突き出ているはずです。

地理、それは地球上の2つの場所に与えられた名前であるので、ワードCOTAも独特の使用を持っている...コタは、名前のある人口、コロンビア共和国を構成している116件の自治体の一つの中で、サバナオクシデンテ州のクンディナマルカ県、26キロ。首都ボゴタから。この自治体が提示する特徴は、チブチャ人のほとんどが今日占領している地域に住んでいた結果として、首都または先住民のコロンビアの都市と見なされていることです。

また、コタは中央地域に位置し、1,200人以上の住民がいるビゼウ評議会の教区(ポルトガルの行政組織)とも呼ばれています。

チェインメイルは、中世の鎧が呼び出され、ファブリックを形成するように配置された錬鉄または鋼リングで構成されたことを特徴とした構成された衣類のずつ名前です。