品質管理の定義

経営陣とは、会社、事業の経営、または問題の解決を使命として、誰かまたは組織が実行する一連の行動を私たちの言葉で呼びます。

一方、品質は、それを所有する人は誰でも仲間に対して優位性を示すことを意味する肯定的な特性です。つまり、それは優れたものです。

一方、これら2つの概念は、ビジネスまたは組織の管理において本質的に組み合わされて、アクティビティの基本的な側面に名前を付け、特に品質を追加します。

顧客を満足させることを使命として企業または組織に課せられる行動と規則

品質管理も呼ばれるにように品質管理システムは、一つで連結された組織に対応する基準の組に互いにそこから当該企業または組織が得ることであることで投与組織的品質自分。使命は常に継続的な品質改善に焦点を当てます。

前述の基準の中で、次の点が際立っています。指令レベルと管理レベルの両方が階層的である組織構造の存在。会社が分割されている個人および部門の責任を構造化する。組織の行動を管理することを目的としたガイドラインの計画から生じる手順。特定の目的を追求するプロセス。とりわけ、技術的、人的、リソース。

このプロセスの最終的な目標は、顧客の満足と、問題の製品またはサービスとの強力で根深い絆を築くことです。これは、顧客が消費者の期待を満たし、満たす場合にのみ実現可能です。

これやあの商品に満足したら、これからも買い続けていくのもオススメです。しかしもちろん、これは、エンジニアリングにおいて、クライアントに最高のものを提供することを目的とした手順が遅れている場合に可能です。

消費者の需要を調査して決定する

この事実は、消費者の要求を正しく分析して研究することで可能になります。これが明確で決定されれば、顧客の要望を満たすことができるサービスまたは製品の概要を説明することができます。

これは、優れた品質管理が行うことは明白で単純です。

毎日、ビジネス分野は、クライアントが最初から安全に満足するために、クライアントが何を望んでいるか、どのようにそれを望んでいるかを知ることを可能にする研究を実施することに成功しています。

したがって、企業はこのタスクに特化した専門家を雇い、商業的成功を保証するだけでなく、顧客が購入しない、または興味のない問題を生み出すという点でコストを削減することもできます。

ニーズを調査することで、開発をより正確に行い、ミスを回避し、生産性を向上させることができます。

しかし、クライアントが何を望んでいるのかを研究することに加えて、サービスの取得後のプロセスで、たとえば、発生する可能性のある懸念や問題についてクライアントを支援する効果的なシステムを通じて、クライアントをフォローすることも重要です。

主な品質基準

優れた品質管理システムは、サービスの提供または製品自体が提供するものの両方に関して、会社がクライアントの要件を満たすことを常に保証します。

市場には、ISO、EN、DINなどの標準化機関によって定義されたさまざまな品質管理標準があります

これらにより、これらの基準のいくつかに対する監査の実行を通じて品質システムを検証できる企業xが可能になります。最も人気のある規格の1つはISO9001です。

この監査を受けた企業の広告や施設でさえ、ISO9001標準化を説明する凡例を見るのが一般的です。

特定のセクターに適合した特定の規格もありますが、独自の規格であるISO-IEC 17025:2005を持っているラボの場合もそうです。