アプリケーションの定義

アプリケーションは、特定の操作またはタスクのツールとして使用されるコンピュータープログラムです。

コンピューティングの場合、アプリケーションは、機能を実行したり、特定のユーザーアクションのツールとして機能したりするように特別に設計されたいくつかのタイプのコンピュータープログラムの1つです。

オペレーティングシステム、プログラミング言語などの他のプログラムとは異なり、アプリケーションには特定のタスクを実行するという唯一の主な目的があり、多くの場合、通常の非上級ユーザーにとって基本的で迅速かつ簡単に使用できます。

コンピュータアプリケーションを作成する最も一般的な理由は、問題を解決する必要があるか、複雑な操作を単純化する必要があることです。たとえば、コンピュータ用の電卓アプリケーション、モバイルデバイスでビデオを視聴できるプログラム、ファイルを圧縮して簡単に交換できるプログラムなどです。

最も一般的なアプリケーションは、ワードプロセッサ、スプレッドシート、データベースなどを含むMicrosoftOfficeなどのパッケージのコンポーネントを構成するアプリケーションです。

要するに、コンピュータアプリケーションはユーザーの時間とお金節約するのに役立つので、コンピュータの使用を可能な限り単純化するために、新しいアプリケーションが基本ユーザー、上級ユーザー、またはプログラマーのいずれかによって絶えず開発されています。

さらに、Web 2.0の登場により、世界中の開発者は、無数の目的に役立つが、交換を行い、ソーシャルネットワークを構築したいという願望に応えることが多い、最も革新的で多様なアプリケーションの作成に力を注いできました。 、コンテンツを公開し、他の多くの機能の中でも、さまざまなデバイスの相互通信を容易にします。

たとえば、オンラインでファイルのダウンロードを高速化するためにインストールできるアプリケーション、世界中のニュースに関する情報を常に提供するデスクトップアプリケーション、さらには既存のプログラムのユーザーエクスペリエンスを向上させようとするアプリケーションなどです。