寸法定義

寸法とは、線、面、または本体が空間内でそれぞれ占める長さ、延長、または体積を指します。たとえば、オブジェクトの寸法は、私たちが知覚するときに最終的にそのサイズと形状を決定するものです。

この点に関して行われたほとんどの研究によれば、人間が生きて発達する時空は、3つの空間次元と1つの時間次元に分かれる4つの次元を持っています。つまり、これは以下で説明されます。方法:上から下、またはその逆、北または南、西と東に移動できます。これらは彼が話した3つの次元であり、時間は単一の固有の方向のみを示す4番目の次元です。たとえば、数学者は、存在する可能性のある空間の数、ベクトル空間、位相幾何学的空間などの次元のさまざまな定義を研究および定義してきました。

ただし、数学的コンテキストに加えて、ディメンションという用語には、それが適用および使用されるコンテキストに応じて他の解釈があります。

したがって、イベントと事実の問題では、ディメンションという用語は、特定のイベントが達成し重要性、規模、および範囲を説明するためによく使用されます。たとえば、そのような質問が予期せぬ次元に達し、それほど超越的ではないことができるに値しないと人々が言うのを聞くことはよくあることです。

しかし、それに加えて、この次元は、SFの世界でよく知られている、陳腐な質問です。SFのジャンルとして知られているものを通じて、映画やテレビで書かれ、制作されています。おそらく存在し、このジャンルが常にリハーサルや表現を扱ってきたパラレルユニバース未知の次元、それは伝統的に知られており、これらの問題に言及した非常に多くの芸術作品でさえも呼ばれています。