道徳の定義

道徳は、確立され受け入れられた道徳の規範に準拠し、一貫して行動しています。

社会で確立された格言に従って、正しさと高潔さに調和して行動する

それは通常、高貴で正しい方法で行動するという考えに関連付けられています。

一方、道徳、個人または社会集団によって想定される一連の信念、習慣、価値観、規範として知られており、行動時に一種のガイドとして機能します。

つまり、道徳は、どの行動が正しいか良いか、どれが正しくないか、悪いか間違っているかを知るのに役立ちます。

常にそしてほとんどすべての人々は、何が良いか悪いかについての考えやビジョンを持っており、道徳が確立されるのはまさにこの評価に基づいています。

道徳についての一般的な評価や考慮事項はありませんが、それどころか、道徳を理解して見る方法は複数あります。

道徳を維持する宗教的および人間的なガイドライン

宗教には独自のビジョンがあり、個人の行動を評価するための参照として機能する人間の評価もありますが、これらはすべて、何が正しいか、何が間違っているかを示す点で何らかの形で同意しています。

そして、出現するこれらのガイドラインまたは条件は、道徳を生み出すものです。

人々が発達させる行動には道徳的な要素があります。つまり、それが正しいかどうか、良いか悪いかなどについて、他の人や自分自身で判断することができます。

それが良いとき、それは道徳と一致していると見なされます。

先験的に不道徳と見なされ、たとえば、他者に対する暴力の行使、尊敬の欠如、他者との連帯など、否定的に評価される行動や行動があります。そしてもちろん、連帯、慈善、愛、他人のために自分を犠牲にするなど、前向きで道徳的に価値のある行動に関連する行動もあります。

道徳はこれに還元されるだけでなく、それを最高で最も高貴なものについて得られた知識として理解し、個人が行動するときに常に尊重することを好む人もいます。

道徳または道徳についての信念と見なされるものは、必要に応じて特定の文化または社会集団によって一般化および成文化されます。したがって、グループメンバーの行動を規制するのはこれと同じです。

また、道徳は通常、社会が常に尊重することに同意する宗教的および倫理的原則に関連付けられているため、違反した場合、加入者によって厳しく罰せられます。

宗教における道徳

たとえば、カトリックの場合、神が彼の民に提案した十戒は、この宗教において道徳的指針として機能します。ですから、忠実な人たちは彼らを尊重し、彼らに従って生きなければなりません。そうしなければ、彼らは罰せられます。

この点で、宗教は非常に厳しいです。これらの教訓を尊重しない場合、信者はそれを裏切るため、コミュニティの一員になることはできません。

一連の道徳的規範は、対象がそれらに従うことを決定するかどうかに関係なく社会的事実として存在するため、客観的道徳として指定されますが、主観的道徳は、個人が法律を尊重または違反する行為で構成されます。道徳的基準。

個人の行動が常に善の達成に向けられていることを考慮に入れると、道徳的責任の考えは必然的に現れます。なぜなら、それを妨げる精神病や心理的不均衡がないためです。そしてそれはあなたがより良い未来を築くことについて考えることを妨げます、そしてもちろん、これは道徳的価値観を利用してもっともらしいでしょう。

そして、道徳という言葉の他の繰り返しの使用は、行動の質を指すことであり、それはそれらを良くそして道徳的に受け入れられるようにします。

信じられないことに、21世紀において、エロティシズムの道徳性は議論され続けています

二重基準を持っている人々に会うことも一般的であると言わなければなりません。これは、彼らが存在と行動の方法を提案し、行動において彼らは完全に反対で否定的なことをすることを意味します。たとえば、他の人と連帯し、実際にいることを求める人は利己的です。