曲線の定義

曲線は数学の最も基本的で重要な形式の1つであり、その周りに無数の構造と非常に重要な関係が確立されています。曲線は、ある点を中心とした2つの垂直な直線の結合について話しているため、突然または暴力的ではなく、漸進的に直線性に何らかの偏差をとる直線として説明できます。曲線は、閉じている場合、その線が空間上および平面上に構築される角度に応じて変化するさまざまな形状および構造を形成する可能性があります。

曲線は、その形態が論理的な定義や式に合わせて調整可能な他の多くの現象と比較して説明するのが難しいため、数学では興味深い現象です。曲線はさまざまな方法で分類されており、数学自体が曲線の単純であると同時に複雑な現象を説明するのに役に立たないことが証明されているため、伝統的に受け入れられている定義を更新する必要がある場合があります。

簡単に言えば、曲線は開いていても閉じていてもかまいません。開いた曲線について話すときは、放物線(円錐形がその生成物に平行な平面を切断したときに投影される線)、双曲線(円錐が切断されたときに生成される線)を指します。対称軸に対する傾斜面)および円錐(チェーンなどの要素が重力にさらされたときに取得する曲線)に対して傾斜面。

閉じた曲線は、空間の角度に応じて異なるさまざまな表面を形成する可能性があります。したがって、楕円(閉じた対称曲線)と円周(半径または中心から始まるすべての点が線から同じ距離にあることを確立する線)について話しているので、それは完璧です。曲線)。一方で、平面や空間にしか存在しない平らな曲線もあり、それが曲線の表現と言えます。