認証の定義

認証とは、何かに与えられたり拡張されたりする保証であり、何かの信憑性や確実性を確認することを使命としているため、その真実や本物の何かを扱っていることに疑いの余地はありません。

所轄官庁または信頼性の高い団体によって発行された、何かの信憑性または確実性を確認する文書

一般に、証明書は、特定の条件への準拠を保証する責任を負う参照エンティティによって配信され、それらを調査し、肯定的に確認された場合は、その証明書を与える文が与えられます。

エンティティは、調査している個人または組織に関して独立した自律性を維持する必要があることに注意してください。両方に共通の関心がある場合、発行する可能性のある証明書は明らかに有効性を失います。

正確には、認証が実際には客観的ではないことを保証する当事者間にリンクがないことを保証します。

認証とは、証明書に関連する言葉であり、個人、機関、組織が実行した何らかの活動または成果の証拠を受け取る行為を示すために使用されます。

この文書は、対応する者の前に提示することができ、これまたはその活動が対応して実行されたことを十分に保証および実証する役割を果たします。

認定は効果的または象徴的である可能性があります。効果的と見なされる証明書は、何かが達成されたことを証明するために必要な証明書です(たとえば、中等教育)。他のものは象徴的であり、何かが行われたことを示す小さな記号を残す以外に真の価値はありません(たとえば、学術的価値のないコースを完了した後に授与される証明書)。

認定という言葉を見つけることができるいくつかの例または状況があります。

私たちは常に何かを検証しなければならない状況について話し合い、検証が必要な場合は、そのような事実の承認が確定するように証明書が配信されます。

ビジネスを行うとき、製品の品質を保証するとき、または誰かの身元を認識するときに必要な文書

この証明書はさまざまな形式で提示できます。ほとんどの場合、卒業証書と証明書について話しますが、それ以外の場合、証明書は、会社または組織の名前の横に配置できる頭字語の付与です(発生する場合があります)。企業がすべての規制および管理基準に準拠していることを確認するのに役立つISO認証を使用)。

それからのみ何かを達成できることを考慮に入れる場合、認証はしばしば重要です。

その意味で、中等教育のすべての科目に合格したことを証明する証明書を持っていないと、それを証明するものが何もないので、それを必要とする仕事に就くことができないように見えます。

輸出したい特定の製品を製造している会社を考えてみましょう。しかし、そのためには、まず、それらの製品の品質認証のリーダーであり参照である国際協会の管理を通過する必要があります。

会社がその生産物を輸出したい場合、外部のバイヤーにその品質と信頼性を確認する認識を達成するために、会社に提案された管理または監査を受ける必要があります。

同様に、アルゼンチンの場合、ISOまたはIRAMの認証を取得していない企業も、信頼できる企業とは見なされないため、活動を行うことができません。

認証は人間が創り出す人工物と言えますが、今日の社会は一定のガイドラインの履行から脱却し、その意味で、物事がうまく機能するためには、必要なものと要求されるものを持つことが常に重要です。

一方、人々は、私たちの出所と身元を、任意の手順で対応または要求する人に証明および証明することを可能にする文書を持っています。

出生証明書または出生証明書は、国民登録簿の当局によって発行された証明書であり、個人の出生の信頼できる記録を残し、新生児の日付、場所、正確な時間、性別、名前を証明します両親の氏名と介入した医師の身元、その他のより重要なデータ。

これは、個人が彼の人生で持っている最初の文書であり、彼の身元と彼の出所の両方を証明します。次に、身分証明書を証明するときにも重要な他の文書が処理されます。たとえば、National Document Identity、ID、Passportの場合です。 。