ツールの定義

広い意味で、ツールとは、特定の活動や機械的作業を容易にすることを目的として作成された要素であり、それを実現するには、エネルギーを正しく適用する必要があります

一方、あまり広い意味でありませんが、ツールという言葉は、主に鉄で作られた強くて抵抗力のある道具を指すために一般的な言語で一般的に使用されています。物理的な力を加える必要がある、または必要とする機械的な作業

既存のすべてのツールと製造中のツールは、常に1つ以上の特定の目的を果たします。つまり、特定の技術的機能を持たないツールはありません。

それらのほとんどは、機械的倍率を持つ機械の単純な組み合わせであることが判明しました。たとえば、クランプの場合、それはダブルレバーのように機能し、その支点は中央の関節にあり、力は手によって与えられ、抵抗はそれが保持する部分によって表されます。

ツールには、電力などの外部エネルギー源を使用する機械式ツールと人間の筋力を使用する手動ツールの2種類があります。このタイプのものは一般に鋼、金属、木またはゴムでできており、それらがなければ実際には非常に複雑になる修理または建設作業を実行するために主に使用されます。

何世紀にもわたって信じられていたものとは対照的に、道具を使用できるのは人間だけではありません。チンパンジー、鳥、さらには昆虫など、さまざまな道具を使って行動を起こす霊長類もいます。ココナッツや卵、棒を効果的に壊して、巣や他の何人かが食物を処理するのを脅かす昆虫を取り除くのを助けることができます。

ツールという用語を観察する別の繰り返しの使用は、プログラミングツール、管理ツール、数学などの特定のタスクを実行する能力を高めるデバイスまたは手順の使用です。