会話の定義

会話とは、2つ以上の当事者間で確立され、穏やかで敬意を持って意見を交換することを含むコミュニケーション行為であると理解されています。会話では、かなり親しみを持って話します。

2人以上の人が同じ言語を使用して、できれば相互尊重の枠組みの中でアイデアを交換するコミュニケーション行為

これは、対話と会話の最も一般的な同義語の1つです。

会話の特徴の1つは、他の参加者のアイデアと対比するために独自のアイデアを共同で提示できることです。これは、当事者間の理解を深めるために、最小限の敬意と静けさの空間で達成する必要があります。

会話をするためには、それに参加する人々が同じ言語を共有することが重要です。この言語は、または記号や記号を介して話すことができ、両方の当事者にとって同じであることの重要性は、他の方法では行われないコミュニケーションを可能にすることと関係があります。言語は、言語(英語、スペイン語、スペイン語、ドイツ語、フランス語など)だけでなく、話している人にはわかるが、ではない人にはわかる記号、記号、またはジェスチャーの他の言語で表すことができる場合があります全員。

会話は、特定のトピックだけでなく、時間の経過とともにさまざまなトピックを中心に展開できます。つまり、さまざまなトピックが自然かつ自発的に出現します。通常、非公式なことを特徴とする友人の会話では、会話のトピックは何の押し付けもなしに自然に浮かび上がります。

したがって、問題について話すことから始めて、互いに直接関係のない問題につながることができます。

一方、会話に参加する人は議論される主題に同意するかもしれないし、同意しないかもしれないので、会話は多様なアイデアの共有を意味する可能性があります。アイデアや意見の交換はまさに会話を作るものです。そうでなければ、一人が話した場合は会話になるか、一人が質問に答えた場合は尋問になるからです。

会話にはいくつかの段階があり、その間に最初、中間、結論が表示されます。ただし、これらの段階は、それぞれがいつ開始および終了するかを両方の当事者が理解していない場合、通知または明確化なしに発生する可能性があります。

満足のいく会話ができる条件

会話を取り巻く特定の質問以外にも、会話には常に存在しなければならない基本的な条件がいくつかあると言わなければなりません。たとえば、参加者は交換中に興味を示し、お互いの話を聞く方法を知っている必要があります。中断を避けます。たとえアイデアが私たちのアイデアと矛盾していても寛容であり、それぞれが自分の見解を表現する順番があります。素敵になります。話しているトピックを突然変更しないでください。主なものの中で、理解されるために常に明確に話します。

会話中に人々が直面する主な欠点は、いわゆるノイズです。これは、問題の会話の正しい展開を妨げる要素や問題です。

ノイズ:対面での会話中に電話に応答する

会話の途中で鳴り、他の人とのやり取りの最中であることを考慮せずに応答する傾向がある、電話、携帯電話、または固定電話を指すことができる最も一般的なノイズの中で。出席しない代わりに、緊急でない場合は出席することを決定し、これは通常、彼が脇に置かれていると感じる対話者に不快感を引き起こし、会話の雰囲気を失います。

現在、携帯電話は対面での会話、特に非公式の会話の大きな騒ぎになっています。もちろん、人々は非公式の気候に感じたときに携帯電話の電源を切らず、それが鳴ったら今日私たちの携帯電話に来る電話、メッセージ、そしてすべてに応答する傾向は、確かに会話の交換を害します。

確かに私たちは最近この状況に苦しんでいて、それに腹を立てていますが、おそらく私たちもそれを強制しました。

不快感を避け、対面での会話を引き続き好むために、その瞬間に携帯電話の使用の乱用を避けることをお勧めしなければなりません。