視覚芸術の定義

視覚芸術は、絵画、写真、印刷、映画など、本質的に視覚的な作品の作成に主に焦点を当てた形式、芸術の表現です。つまり、視覚芸術とは、視覚を通して鑑賞され、楽しむ芸術表現であり、私たちの目を通して、ドローイングやそのような映画などで、この絵やあの絵に感動することができます。

ペインティング

絵画は、他の有機または合成物質と混合された顔料を使用するグラフィック表現の芸術です。絵画技法(油、水彩、テンペラ、フレスコ画)の知識だけでなく、色彩理論(色の光や顔料を組み合わせて目的の効果を達成するための混色に関する基本的なルール)の知識も必要です。

写真

一方、写真撮影とは、カメラ・オブスクラの原理に基づいて、画像を撮影し、感光性の素材に保存することで、小さな穴から撮影した画像を投影することができます。表面。画像のサイズは小さくなりますが、画像は鮮明になります。画像を保存するために、古いカメラは敏感なフィルムを使用しますが、デジタルメモリを使用したデジタル写真が達成した痕跡のために、これらは現在実質的に時代遅れになっています。

印象

一方、印刷はテキストや画像の作成に使用されるプロセスであり、紙にインクを使用して印刷機を使用するのが最も一般的です。今日、印刷は大規模な工業プロセスとして行われ、本の出版の基本的な段階です。

シネマ

そして、最も人気のある視覚芸術の1つであるシネマまたはシネマトグラフィーは、他の芸術がそうではないということではありませんが、間違いなく、映画は地球のほぼすべての住民の生活に特別でかなりの参加を示しています、それは技術ですこれは、フレームをすばやく連続して投影して、動きの印象を作り出すことで構成されています。

すべての聴衆によって選ばれた成功した業界

視覚芸術の面では、映画はこのタイプの表現では達成できなかったもの、つまり大量の普及を達成しました。造形芸術は何世紀にもわたって驚異的な普及を遂げ、多くの画家は有名なスターですが、映画館はこれを千倍に増やしました。そのため、今日の業界は世界中で数百万ドルを動かしています。

シネマは、世界中で最もフォロワーが多いビジュアルアートであり、さまざまな提案を通じてあらゆる年齢のすべての視聴者を引き付けることができたビジュアルアートです。確かに、この統合された問題は、その成功の秘訣です...

上記で説明したものは古典的な視覚芸術と見なされますが、建築や彫刻などの3次元オブジェクトを含むものは造形芸術として知られています。そして、非伝統的なものの中には、インタラクティブアート(視聴者が直接参加する現代の芸術的実践)、エアライティング(空中で言葉を書くプログラムされたLEDデバイス)、書道(美しいものを使用して書くアート)があります。看板)と落書き(ストリートファニチャーに描かれています)。

この広大で厳選されたグループの中には、すでに見てきたように、ドローイング、ペインティング、彫刻、彫刻などの古典的な造形芸術を含める必要があります。人類に合わせて進化しますが、テクノロジーと密接に関連するより現代的な視覚芸術の表現もこのグループに含める必要があります。

写真、ビデオアート、デジタルアートは、最近注目を集めている視覚芸術の一部です。これは、すでに指摘したように、表現にテクノロジーが組み込まれているためです。

しかし、この種の表現の一部として、特にパフォーマンス、インタラクティブアート、アクションアートとグラフィティ。