大コロンビアの定義

大コロンビアは、コロンビア(当時はヌエバグラナダと呼ばれていました)と他の近隣諸国との一時的な合併に関するものであるため、もはや存在しない国です。具体的には、大コロンビアはニューグラナダ、パナマ、ベネズエラ、エクアドルの連合でした。大コロンビアは、ククタ議会の後の1821年に結成され、大コロンビアのイデオロギーであるシモンボリバルの死から数か月後の1831年に消滅しました。

新しい国内の内部の不一致

新しい国の推進者は解放者のシモン・ボリバルでした。彼はヨーロッパの勢力と競争するのに十分な大きさで強力な国を作ろうとしました。大コロンビアは、力を合わせるための構成国の政治戦略の結果でした。しかし、その憲法以来、大コロンビアは、連邦主義者と中央主義者の2つのグループの間で永続的な政治的緊張を経験してきました。最初に普及した選択肢は、シモン・ボリバルが率いる中央集権主義者でした。ベネズエラがその領土での軍事的影響力を失い、パナマが経済的理由で反対したため、中央集権主義は内部の矛盾を生み出しました。

歴史家は、広大な領土内の通信チャネルが少ないため、特に、異なる領土の完全な統合を統合するための異なる社会セクターの政治的意思の欠如のために、国としての大コロンビアも失敗したと主張します。

1826年、ベネズエラのホセアントニオパエス(通称ラコシアータ)が推進する分離主義プロセスが行われました。その文脈では、2つの対立する立場がありました。1つは中央同盟国を擁護したボリバルが率いるものであり、もう1つは連邦主義を提案した大コロンビアのフランシスコデパウラサンタンデル副大統領が率いるものです。サンタンデリズムはリベラリズムを表しており、ボリバル主義はより保守的な精神を持っていたので、2つの対立する見解はリベラルと保守主義の間の古典的なラテンアメリカの分裂の起源です。このイデオロギーの対立は、1828年からのボリバルの独裁と、その結果としてのボリバルの反対者によって促進された内部の緊張につながりました。

大コロンビアの終わり

ベネズエラが新しい憲法と大コロンビアとの決定的な決別を推進したとき、偉大な国を設立するというボリバルの夢は消えました。ベネズエラの決定は、エクアドルの分離とコロンビアとパナマの間の関係の新しい枠組みのきっかけとなりました。1830年のシモンボリバルの予期せぬ死もまた、新しい国の解体を悪化させたもう一つの要因でした。

大コロンビアの解散により、現在のコロンビアの領土に新しい宗派が生まれました。1831年から1858年にかけて、ニューグラナダ共和国の名前が付けられ、1853年まではグラナダ連合と呼ばれ、後にアメリカ合衆国と呼ばれました。コロンビアそして最後に1886年にコロンビア共和国。