din標準の定義

DIN基準は、ドイツの工業製品および科学製品の品質保証に関する技術基準です。

DIN規格は、ドイツ製品の開発に関して、貿易、産業、科学、および公的機関に適用される規制を表しています。DINは、「DeutschesInstitutfürNormung」または「GermanInstitute for Standardization」の頭字語です。これは、ベルリンに拠点を置き、1917年に設立されたドイツの標準化を扱う機関です。DINは、ISOなどの国際機関と同じ機能を実行します。

DIN規格は、いわゆる「科学の状態」に対応することを目指しており、生産と消費における品質と安全性を保証しています。DIN規格の規制が、他の国際標準化団体の規制に影響を与える場合があります。

DINは、「一般タイプの基礎」(フォーマットの基準、線の種類、ラベリングなど)、「技術タイプの基礎」(機械的要素および機器の特性の基準)、「材料の基準」(の基準)に分類できます。材料の品質、指定、特性、組成など)、「部品およびメカニズムの寸法」(形状、寸法、公差の基準)。また、「国際」、「地域」、「国内」、「会社」など、適用範囲に応じて分類することもできます。

これらの規則はさまざまな番号で分類され、ドイツの経済的および生産的な生活のあらゆる側面を規制しています。たとえば、DIN 476規格は、正式に採用する必要のある用紙の形式とサイズを定義しています。

DIN規格の使用は、たとえば工具製造で見られます。1つのケースは、キーのような部品の開発であり、DINが電圧、公差、および最終製品に関するより多くの仕様を調整します。

製品がDIN規格に準拠していることは、多くの場合、同じものの購入者とユーザーにとって、信頼、安全性、品質の保証です。