効率の定義

効率が彼の義務は断定完璧な仕事をしているん資格者の専門性を示しています。有能な労働者は、よくやった仕事を委任して信頼できると感じている上司に安心をもたらします。会社は、共通のチームに付加価値を与える人々で構成されています。一人の具体的な非効率性によって一般的な仕事が曇るには、一人が効率的ではないだけで十分です。専門家レベルでの競争力が高い今日の社会では、コースを受講し、会議に出席し、集会に参加し、本を読み、カリキュラムを改善するための継続的なトレーニングを選択することが不可欠です。 効率に沿った新しい目標の達成に常に感謝します。

タイムリーにタスクを完了する

真に効果的であるためには、人は機能の適切な実行だけでなく、設定された時間の遵守にも責任を負わなければなりません。効率ショーは練習の経験を介して人間の能力は非常に効果的であるという点に技術を完成させました。つまり、効率とは、実践的なトレーニングに理論的な情報を追加することによって得られる学習です。

目標に対応するための組織

仕事を効果的に遂行するためには、人は自分の目的を非常に明確にし、その目標に従った行動計画を遵守する必要があります。効率性に追加されるもう1つの価値は、労働者のあり方です。つまり、人は効率的であるよりも価値があり、謙虚であり、他の人を助ける良いパートナーであり、優れた能力を持っています...つまり、優れた専門家になる前にすべての労働者は良い人になるために育成する必要があります人。したがって、堅実な個人倫理を持つことは、仕事の文脈で効率的になるために不可欠です。

完璧主義は危険な場合があります

効率が完璧に関連している、しかし、あなたはありません非常に注意しなければならないために、リードの人々は何かが十分に行われなかったり、完成しないされていることを信じるようにという完璧主義に陥ります。これを行うには、常に目標の実現に特定の期限を設定し、積極的かつ前向きな方法でそれを達成します。

であるために効果的な、あなたもそれを解決し、学習を継続するためにあなたを教えることができる誰かにどんな質問をする必要があります。すべてを知ることは不可能です。真の効果は、あなたが知らないことを学び、あなたがすでに知っていることを完成させるための良い気質を持つことにあります。