無謀の定義

その最も一般的で広範囲の使用において、無謀の概念は、他の可能なアクターの中で、人、グループ、が持っている慎重さの欠如を指します

誰かまたは何かの慎重さの欠如

一方、慎重さ、誰かが演技や会話をするときに示す節度、節制、注意、および良識です

慎重に、反省と分析は衝動よりも際立っています。そして、多くの場合、適切なタイミングで適切な決定を下すことができるのは、まさにこの顕著な特徴です。もちろん、通常、ほとんどの場合、衝動性の制御下で行動する人は、考えず、停止しないでください。そして、あなたは深刻な結果を伴う深刻な間違いを犯す可能性があります。

反省、責任、コミットメントの欠如

また、無謀な行動をとる人には、責任や社会的責任がまったくないということも言わなければなりません。なぜなら、彼らは自分自身についても、周りの人についてもほとんど考えていないからです。自分自身や他人に、そして明らかに彼らはまったく良くありません。

無謀に振る舞う人は無謀と呼ばれ、その相手、慎重に行動する人は慎重と呼ばれます。

培われる美徳

慎重さは美徳であり、それを持っている人は常に適切かつ公正に行動します。これやそれが無謀に行動したり話したりすると言われるとき、それは彼が感情や生活を尊重していないために、例えばいくつかの悪いニュースや不快な状況を説明しなければならないときなど、明確で正しい言葉を使用していないためです彼の周りの人々の、彼らのタイムリーで無責任な行動の結果として彼らを絶えず危険にさらしている。それはまさに無謀で少し責任のある人であり、何らかの行動やコメントで状況を複雑にすることなく状況を担当することはできません。

それがそうであるという美徳として、慎重さはカトリック教会によって高く評価され、動機づけられていることがわかります。ミサでは、司祭は常に説教にこの美徳を含めて、彼らに耳を傾ける信者に彼らを植え付けようとします。

それは私たちを神に近づけるだけでなく、セルフケアと隣人のケアを優先する行動を意味するので、献身的なクリスチャン生活にとって非常に重要です。

酔っ払っている人、失業しているのに貯金を使い切っている人、人でいっぱいの場所で銃を撃っている人、特定のイデオロギーを攻撃的かつ不適切な方法で参照している人は、明らかに無謀に行動します。

一方、無謀な行為やことわざは無謀と呼ばれます。お父さんが最初に準備せずに事故にあったとおばあちゃんに言うのは本当に無謀だったと思います

無謀な無謀:第三者に深刻な危害を及ぼす過失

そして法律では、他の人に危険や危害を及ぼす可能性があり、それが引き起こす結果に応じて過失または犯罪と見なすこともできる過失を指す無謀な無謀の話があります。

薬物の影響下で車を運転することは、特にこの状態で運転している人が人に轢かれる場合、無謀と見なされます。

残念ながら、近年、私たちは無謀と呼ばれるこの種の無謀の事例を見るのにうんざりしており、その名前は私たちが確かに危険であると予想しています。自分は言うまでもありません。

薬物やアルコールの影響下で車やその他の車両を運転する人の例は、無謀な無謀さの典型的なケースです。

これらの事件と戦うために国家とそれに依存する治安部隊による統制は強化されたが、意識は依然として非常に曖昧であり、誰かが酔ったり薬を飲んだりして別の人を殺すという出来事が毎日見られる。

この意味で前進し、この種の行動を撤回するためには、意識向上キャンペーンを強化し、学校の最初の年から交通安全教育を取り入れて、その人が幼い頃から自分の責任に慣れるようにする必要があります。