原子量の定義

原子質量が呼び出された原子が休止状態にあることをマス。一方、原子は化学元素に対応する最小の粒子であり、それ自体がその特性を保持します。そして、静止状態にある単一の原子内の陽子と中性子の総質量を原子質量と見なすのは正しいことです。

国際単位系では、同じ単位が統一原子質量単位またはダルトンとして表され、その記号はそれぞれuまたはDaであることに注意してください。

原子量も原子量として指定されていますが、そのような名前は正しくありません。これは、質量が体の特性であり、重量が重力に関連しているため、可変であるためです。

原子量の測定値を知るために、通常行われることは、存在する各化学元素の異なる同位体の平均から、それぞれが持つ相対的な存在量を常に考慮して計算することです。

一方、質量分析計として知られている機器を使用することにより、原子の比較と前述の測定が可能になります。これは、分子に由来するイオンの測定を容易にする実験型の手法で構成されています。それが提供する精度は非常に高く、介在するさまざまな化学元素と原子同位体の組成を分析し、それらの核を分離し、質量電荷比に依存することができます。

同位体の原子量はその核子の質量と一致することに言及することが重要です。このような状況は、元素が単一の同位体ではなく、それぞれに一定の存在量を示す混合物で構成されているため、もっともらしいです。