環境倫理の定義

環境倫理はある哲学の枝支払う特に注意をする男性と、彼らが動作する環境、およびその心配間の関係や自然環境の発展と進化を弱体化していない人間の行動を規制するために、特にかかります

自然環境に対する人間の行動の規制を扱う哲学の分野

前世紀の半ばに、それは環境への配慮をほとんど意識せずに産業と男性の両方によって引き起こされた環境への損害を公に非難し始めました。

一方、この増大する状況は、私たちの自然の世話を確実にし、さもなければこの意味で行動しない人々を罰する特定の空間の創造の必要性を引き起こしました。

環境への責任と配慮を促す価値観の尺度

つまり、環境倫理は、私たちの自然環境のケアに関して企業と男性の側に責任要求する道徳的規制を提案しています

この倫理部門の基本的な提案は、人間が自然環境に配慮して成長できるように、社会と自然の間の幸福追求することです。

この意味で、環境倫理は次のような問題を深め、対処します。個人が環境に対して負う義務と、そのために、環境に影響を与えないように行動をどのように命令すべきか。また、環境倫理は、人間が住む地球全体に責任を負わなければならず、その行動が彼らの現在に影響を与えず、隣人にも影響を与えないように、将来それを世話するために行動しなければならないと提案しています。

一方、そのような質問は、男性の効果的なコミットメントによってのみ達成するのが妥当です。

幸いなことに、現在、そして何十年にもわたる非難とマスメディアへの問題の導入の主張の後、環境危機の問題は世界的な問題になり、その後、環境を擁護する州、個人、組織は、さまざまな提案をしています。解決策と代替案は、もちろん、教育のタスクは単純ではなく、私たちが言ったように、具体的な取り組みが必要です。

未来の世代が楽しむために自然を守り、大切にする

エコロジーと環境教育は、この倫理の分野を利用して、意識を高め、社会を敏感にするという使命を果たします。彼らは、環境に絶対的な敬意と配慮を払うという、環境に関連する新しい方法を生み出す行動を開発することを強く求めています。

環境倫理の基本的な機能は、自然環境の保全を目的とした環境意識の構築に貢献する価値観を発展させ、将来の世代が楽しめるようにそれを評価することです。

この責任と意識が仲介されない場合、つまり、人間が絶対的な反社会的行動を展開し、環境を尊重しない場合、汚染、地球温暖化など、多くの環境問題が発生し、引き起こされることになります。ちなみに、今日、地球に住む私たち全員が苦しんでいます。もちろん、彼らはその無責任な行動と生態系への配慮がほとんどないことに起源を持っています。

人間が単独で責任を負います

人間は環境問題に責任があり、社会的価値観の欠如と密接に関連しており、人間が住む環境を保護し、世話をする必要性は、関連性のあるものとは見なされていません。

残念ながら、多くの人は、今日受けたすべての被害と昨日発生した被害が明日には悪影響を与えることを認めておらず、直接気にかけていません。また、今日、私たちはすでに多くの点で自然と人間の無責任な管理。

しかし、環境倫理はパラダイムを変え、それによって人に引き起こされた損害について考えさせることを目的としています。そしてそれを知ることとその悪影響は、環境に対して慎重にそして愛情を込めて行動することに気づきます。

環境倫理は、規制の遵守と、路上や水にゴミを捨てないこと、リサイクルなど、人々の意識を高める価値観の普及を追求する必要があります。これらの行動は、間違いなく、より健康的で罰せられない傾向があります。世界。