erpの定義

ERPは、企業の生産、流通、その他の側面を管理する事業計画システムと呼ばれます。

ERPは、「エンタープライズリソースプランニング」または「エンタープライズリソースプランニング」の頭字語です。この慣行は、企業内のさまざまなリソース、ビジネス、側面、および商品やサービスの生産的および分配的な問題の管理と関係があります。

前者が内部管理の側面を扱う限り、それらはしばしば「バックオフィス」「フロントオフィス」の逆と呼ばれ、後者は顧客サービスおよび一般大衆に関連するソフトウェアまたは操作を指します。

機関内のERPシステムは、通常、生産、ロジスティクス、販売、流通、在庫、配送、請求、および会計などの管理を行います。このために、データの整理、さまざまな対話者との通信、操作の記録、およびレポートの作成を容易にするさまざまなソフトウェアを使用できます。

そのように見なされるためには、ERPは次の属性を満たす必要があります:包括的(会社のすべての側面を管理する)、モジュール式(会社のさまざまな部門に従ってその側面を分割する)、および適応可能(つまり、準拠する)各機関の特殊性に)。

現在、ERPシステムはあらゆるタイプの企業で使用されています。生産および財務部門のレベルだけでなく、テクノロジー、人事、マーケティング、および戦略的管理の側面でも考慮されます。このタイプのソフトウェアまたはシステムは、会社全体の運用と情報を一元化し、同僚間の作業を容易にし、問題を解決し、満足のいく正確な結論に達することができます。

ほとんどのERPプログラムは高価であり、簡単にカスタマイズできない場合もあります。ただし、代替手段があります。たとえば、制限なしで使用できる無料のソフトウェアERPには、AbanQ、Openbravo、OpenERP、GNUeなどがあります。