森林再生の定義

森林再生は、領土に樹木が再植林される行為です。森林の塊は私たちが呼吸する酸素に不可欠であり、気候を調節し、動植物の自然生息地であることを忘れてはならないので、その目的は環境です。

森林再生について話す場合、以前に反対の現象、つまり森林破壊、つまり森林破壊が発生したことを考慮に入れる必要があります。

時間を遡ることを目的に

一般的に、森林再生とは、さまざまな要因(工業化、農業や家畜専用のスペースの作成、新しいインフラストラクチャ、住宅の必要性、火事など)によって破壊された自然空間を回復する試みです。

世界の森林保護のための恒久的な戦い

世界中の何百万ヘクタールもの森林の破壊は、繁栄と富を生み出すのに役立ってきました。しかし、森林の消失は利点よりも不利な点が多いため、この進歩は明らかであると考える人もいます。破壊の災害に直面して、いくつかの環境グループは、森林再生と森林の保全という2つの行動方針に取り組んでいます。

技術的な考慮事項

植樹は現在、国の植林計画や、自然空間の回復に苦労している環境団体や一部のコミュニティによる取り組みを通じて行われています。このプロセスを成功させるには、一連の技術的側面を考慮する必要があります。土壌の特性(特にその深さと質感)、草地層、または土壌侵食です。評価しなければならないもう1つの問題は、効果的な再植林に最も適した樹種、特に各地域の気候条件への適応です。

最良の結果を達成するための組織化されたタスク

森林再生の戦略では、種子が最も適切な栄養素と最良の状態で播種される場所である森林保育システムを組織することも必要です。一方、苗床の一連の技術的側面に関連する基本的なインフラストラクチャを作成する必要があります:灌漑システム、温室、夏の暑さから植物を保護するための日よけハウス、種子保存システム、苗床としても知られている苗床土壌を維持するための手順。

最後に、最終的な再植林の準備段階として、土地の清掃が行われ、除草剤を使用して雑草を防除するとともに、土地(またはプランテーションフレーム)の区画を開発します。その特性に依存します。