実現可能性の定義

実行可能性は、特にプロジェクトを実行するときに関連性を帯びる概念です。計画またはミッションは、実行することを意図または計画していることを実行し、それを効果的に実現する確率を正確に指すため、物事に関するものです言い換えれば、何かが実行可能であるとき、それはほぼ確実に実を結ぶことができるからです。

一方、その特性を持たないものは、ほとんど特定できません。

どのようなプロジェクトを開発する場合でも、十分に特定できるかどうかを予備的に確立するために、実装の開始前に介入するすべての要因と条件を徹底的に分析する必要があります。

一方、まさにこの初期の事例において、彼が着手したいプロジェクトが実現可能であるかどうかを理解することができるでしょう。

この分析により、計画されたプロジェクトが失敗する運命にあるかどうかを知ることもできます。

分析は、調査の実施、または開始する計画またはプロジェクトに関して存在する信頼できる統計の調査で構成される可能性のある調査から開始する必要があります。

プロジェクトを立ち上げようとしている人は、すべてを失いたくない場合は、この分析を実行する必要があります。

たとえば、女性向けの新しい傘のラインを立ち上げようとしている場合、最初に参入する市場を分析する必要があります。これには、潜在的な顧客の傾向、顧客が好む生地や色などを知ることも含まれます。また、競争の振る舞いを確実に知る必要があります。

上記を決定したら、材料、傘の製造に必要な人的資源、新ブランドのプロモーションキャンペーンの観点から投資する必要がある金額を知るために費用を予測する必要があります。新しいブランドを扱うときは、市場へのインストールが必要になります。

努力があれば、最初は実行不可能と思われるプロジェクトや計画がこの状態を逆転させて可能になる可能性があることは注目に値しますが、ケースが要求する努力が仲介する場合。