道徳的価値観の定義

男を改善し完璧にする価値観

道徳的価値は、人が人としての尊厳を守り成長するように導くすべての問題です。なぜなら、道徳的価値は必然的に人を道徳的善に導きます。それは、私たちが知っているように、それを完成させ、完成させ、改善するものです。

道徳的価値観は、彼が男性である限り、常に完璧な人間であり、正直に生き、真実を語り、常に他人のことを考えて行動するなどの良い行動は、完璧への道と矛盾することはありません。

人として豊かになる無料オプション

一方、道徳的価値観の選択は完全に自由であり、各人が持っている強制された決定ではありません、つまり、彼はそれらを選択するかどうかを決定しますが、間違いなく、それらを選択するという事実は直接的な影響を及ぼしますそうすることの。より人間的で、彼に人としての特別な資質を与えるために。

その採用に対する環境と経験の影響

とりわけ、尊敬、寛容、誠実さ、仕事、忠誠心、責任などの道徳的価値観が現れ、主に家族内の各人に浸透します。そのため、父親、母親、兄弟、祖父母との関係は、叔父と家族に関係する他のすべての人は、私たちが上で述べたすべてのそれらの値のこれらの正しい送信者であるために、適切な品質を持っている必要があります。

一方、人間関係の質に加えて、特定の価値観の理想的な伝達を達成することが不可欠であることが判明しました。これらの親戚が子供に教え、示すモデルと例は、子供が植え付けたものすべてを吸収するためです。彼の中で、そしてまたあなたがこれら、とりわけ彼らの態度、方法を観察すること。逆に、担当者を虐待するなどの態度を示した場合、父親が息子に公平を教えることは無意味だろう。

価値観の観点からの2番目の基本的な社会化エージェントは間違いなく学校です。そこでは子供は多くの時間を費やすため、無数の行動モデルの受信者になります。次に、教師が子供に与える例そして、家族が子供に植え付けた道徳的資質を強化します。なぜなら、この道徳的情報のすべての荷物で、子供は社会全体に挿入され、明らかに道徳的価値観の教え込みが適切であった場合、個人はそれが発展し、生きる社会の中で善を広めることに貢献し、それをより大きく、より破壊しにくくします。

また、この点で経験が果たす役割を無視することもできません。多くの場合、私たちは最善ではないかもしれない代替案を選び、両親や学校から受けた教えを超えてそうします。これは経験が関連する役割を果たす場所です。なぜなら、そのような選択は良い選択ではなく、さらに彼の選択が私たちに人生に多くの合併症をもたらしたことを実践を通して発見したとき、確かに、明日、同様の状況での経験、競合する提案を選択させます。

一方、道徳的価値観は、行動を道徳的に良いか悪いかを見極め、定義することになると不可欠です。しかしもちろん、その定義では、上記のすべてのインスタンスが定義者として機能するようになります。

私たちの両親は、幼い頃から嘘をつくのは正しくないこと、そして私たちが嘘に従って生きると人生が複雑になることを教えてくれることは注目に値します。今、私たちが成長し、私たち自身の冒険と経験を生きるとき、これらの教えは強化され、時間内に私たちに教えられた道徳的なガイドにさらにコミットすることができます。

最も超越的な道徳的価値観

人を完璧にし、高める道徳的価値観はたくさんありますが、その中には、愛、感謝、友情、尊敬、忠誠、慎重さ、忍耐力、責任、連帯、寛容、誠実さ、謙虚さ、尊厳、寛大さを強調することができます、とりわけ優しさ。

それらのいくつかまたはすべてを持っていることは、間違いなく、私たちがより幸せな存在になるでしょう。これらの価値観に従って生きる人々は、憎しみやコミットメントの欠如に関連して生きることを選択する人々よりも幸せになることが証明されています。